鏡に映して

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

謹賀新年

謹賀新年









昨年は大変お世話になり有難うございます
本年もよろしくお願いいたします

                     元旦



1月9日よりブログを再開する予定です。
宜しくお願いいたします。



芦野往人
  1. 2017/01/01(日) 02:23:49|
  2. | コメント:2

峠の灯り

峠の灯り










何処から来なさった

ほう 峠を越えてのう

難儀なさいましたなあ 

とにかく入りなされ

さあ遠慮はいらんからのう

引き戸から灯りが転がってきた

私は蓑を外して土間に入る

難所続きの峠を越えて

まして横殴りの雨の中

この家の灯りの有りがたく

主の情けが身に染みる

囲炉裏の小枝が燃え上がる

親父の優しさに堪えた涙

汁に零れて塩辛く


誰の世話にもならねえ

啖呵を切って生きてきた

意地も誇りも流し去る

峠の雨が屋根を射して降り続く







ashinoyukito

平成二十八年九月十三日
  1. 2016/11/19(土) 08:03:08|
  2. | コメント:0

虫奏曲

虫奏曲









秋の雨あがり 夜は

静寂にちろころちろころ

人恋し恋しと沁みてくる

一生に一度のめぐり逢い

なんで忘れよか 主の声

ちろころちろころ呼ぶ音は

こころを揺らして鈴となる





ashinoyukito

平成二十八年九月十一日
  1. 2016/11/18(金) 02:15:41|
  2. | コメント:0

トランペット

トランペット









哀しい音がする

逝った人に届くように

何時までも余韻を残す

美しい所作で踊りながら

悲しい音だわ あなたは言う

そういえば暗い星雲に滲みて

消えて行きそうで消えない音





shinoyukito

平成二十八年九月十一日
  1. 2016/11/18(金) 02:13:27|
  2. | コメント:0

幼い魔女

幼い魔女









魔女というには幼い子

灰色のマントに朝陽を抱く

魔法の箒をどこに忘れたか

朝焼けの街を探して歩く

心配カラスが覗き込む

羽を使って髪を梳いている

歯ブラシは小鳥のふわふわ羽毛

露のひかりを掬っては集めて

前髪を濡らしたり ぶくぶくしたり


さてこちらは黒い森

母さん魔女が水晶玉に手をかざす

露をすする幼い我が子が見える

灰色マントに魔法の糸をかけ

刺し網のように引き上げる

幼い魔女の初めての独り旅

楽しかったこと面白かったこと

怖かったこと などなどなど

母さんのマントに包まれて

いつしか夢の中に溶けていく











芦野往人

平成二十八年九月十一日
  1. 2016/11/17(木) 01:06:58|
  2. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。