FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

パッチワーク

パッチワーク









たっぷりとある春までの時間

雪に埋もれ 風に吹かれ

浪費した想いの分だけ

手繰り寄せる切れ切れの時間

繋ぐ想いも千切れそうで

ぶつぶつと不器用に縫い合わる

ひとつ一つ心のパッチワーク

薄い藍染めの蒼空やら

辛うじて残る花のいろ


何もかもがおぼろげで

何を話していたのか蓼科の夜

煙草の火が赤い星になった

埒もないことだけが浮かぶ今は冬の夜

どこかで耳にした恋のはやり歌

つらいつらいと出逢い詩

良いではないかそんな詩も

古裂を寄せるには相応しい時間

たっぷりとある春までの時間





芦野往人

平成二十七年一月九日
スポンサーサイト



  1. 2015/01/09(金) 21:41:43|
  2. | コメント:0
<<ブラームス | ホーム | 月の褥>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する