FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

荒川の秋

荒川の秋












秋が流れて行くよ

堤防の草むらに

弾けバッタが飛び上がる

所在無げにカラス

船溜まりの棒杭にのんびり

残り九月を数えてる

行き交う舟やら

川沿いを行く高速道路

時を忘れてのんびり走る

秋の日が僕の背中に手を置いた





            藍ん波



           平成二十五年九月二十九日
スポンサーサイト
  1. 2013/09/29(日) 11:06:35|
  2. | コメント:0
<< 秋は孤独 | ホーム |  荒川の秋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する