FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

風どまり

風どまり



 
 
山はむらさきに暮れていく
 
夏息のまだのこる小高い丘
 
用水の流れに僅かな縮緬の煌めき
 
たらの木のもとに腰を下して
 
僕の肩に身を預ける君は
 
暮れていく辺りに溶けていく
 
人差し指を唇にあてて
 
言葉をそのまま飲み込ませる
 
いまここに言葉はいらない
 
かすかな風と風どまり
 
風どまりから風の訪れ
 
穏やかな時間が過ぎていく
 
想いが山の影に溶けて行く
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成三十年九月八日
 
スポンサーサイト
  1. 2018/09/08(土) 09:52:25|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<大なる企み | ホーム | 薔薇>>

コメント

No title

色んな言葉が美しく紡ぎ出されて、いつも感心しています。
  1. 2018/09/08(土) 11:56:00 |
  2. URL |
  3. 瑠璃唐草とチー #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> 瑠璃唐草とチー様

いつもありがとうございます。

そう言って頂くと詩を綴ってきて本当に良かったと思います。
イメージを呼び起こしていただければ、これ以上の喜びはありません。
有難うございます。
  1. 2018/09/08(土) 12:27:00 |
  2. URL |
  3. huka tadashi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんにちは。

想いが、暮れゆく穏やかな秋に溶けていくような…
心地よいゆらぎを感じました。

素敵な詩ですね。
  1. 2018/09/08(土) 18:22:00 |
  2. URL |
  3. 向日葵っ子 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> 向日葵っ子(天満野梨子)様

お読み下さり有難うございます。

素敵な詩と感じて下さってありがとうございます。
詩作するものとして嬉しく、
作者冥利につきるというものです。
  1. 2018/09/08(土) 18:44:00 |
  2. URL |
  3. huka tadashi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aiyori91059.blog.fc2.com/tb.php/3189-b9d3f4b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)