FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

哀恋賦

哀恋賦




 
 
それはわたしだって一緒にいたい
 
無理なことを解ってほしいの
 
出来るといって騙せない
 
たとえ涙の海に沈もうと
 
あなたに嘘はつき通せない
 
だから いまは何も言わないで
 
責める言葉を言わないで
 
 
最初から解っていたのこの恋は
 
ふたりが傷つく恋になる
 
このまま堕ちたら駄目になる
 
たとえあなたに恨まれようと
 
あなたに嘘はつき通せない
 
だから いまは何も言わないで
 
ふるえる肩を放して欲しい
 
 
抱かれたこころに嘘はない
 
まして最後の逢瀬なら
 
燃える心は本気なの
 
愛して別れる恋もある
 
あなたに嘘はつき通せない
 
だから 今は何も言わないで
 
生きてる限りあなたを想うから



 
 
 
阜可 忠
 
平成三十年九月五日
 
 
作詞してみたらと誘われたけど難しい
 
音を付けてと頼めるというが はたして


 
 
 
スポンサーサイト
  1. 2018/09/05(水) 22:16:58|
  2. こころみの詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<お見舞い | ホーム | お見舞い>>

コメント

No title

いい詩ですから。
  1. 2018/09/06(木) 07:29:00 |
  2. URL |
  3. 瑠璃唐草とチー #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> 瑠璃唐草とチー様

有難うございます。

全く自信はありません。

難しいですね。

使い古されたイメージと言葉。

才の無いことを認識しました。
  1. 2018/09/06(木) 09:42:00 |
  2. URL |
  3. huka tadashi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aiyori91059.blog.fc2.com/tb.php/3186-d7594b80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)