FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

残影

残影


 
 
振り返ることが多くなった
 
考えるともなく振り返っている
 
あのときの匂いが戻る筈もなく
 
大切なものを探すように
 
失った時間を埋め戻すように
 
あなたの好きな言葉
 
好きなものに囲まれているあなた
 
跡形もなく大雨は流そうとするけど
 
他人はしたり顔で言うけれど
 
前のみを歩いて行けと
 
僕は僕の中の僕を棄てはしない
 
僕は僕の中の僕に言う
 
あと少しの時間だから
 
好きなようにする 僕にかまうな
 
それが人生の帰結ならそれも可と
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成三十年八月十七日
 
スポンサーサイト
  1. 2018/08/17(金) 23:16:23|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<残影 | ホーム | 山行く人に>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aiyori91059.blog.fc2.com/tb.php/3161-4a0b492b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)