FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

ふるさとは

ふるさとは





 
 
君のふるさとを歩いてみたい
 
君の秋を訪ねてみたい
 
まだ見ぬ君のたった一つの場所
 
君のふるさとを歩いてみたい
 
ひかりと影が織りなす幽かな音
 
好きな詩を諳んじながら
 
君のふるさとのあちこちを頂いて
 
朝も昼も夜も歩いてみたい
 
遠く近くふるさとの山
 
厳かな雪の戴冠式
 
路はあの頂きに届いているのか
 
川面を流れていく雲の親子
 
秋はよようと深まり
 
歴史の街は晩秋から冬へ
 
時間が止まるような錯覚して再び
 
蒼空を泳いで雲に乗り風に流される
 
まだ見ぬ君のふるさとを俯瞰する





 
 
阜可 忠

平成二十九年十一月十一日
スポンサーサイト



  1. 2017/11/11(土) 08:44:37|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ダンス | ホーム | 秋物語>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aiyori91059.blog.fc2.com/tb.php/2905-cb826e29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)