FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

夢想

夢想




 
 
ぐいぐいと高度がおちる
 
街並みが住宅地図のように迫る
 
高層ビルをかすめて旋回するジャンボ機
 
此のまま地の底に墜ちてめがけていく
 
愛だの未練だの金があるのないの
 
幸せだろうが無かろうが
 
一瞬のうちに平等に消える
 
 
異国の夜は裸電球の露店
 
雑然として物思いを拒んでいる
 
あの翼がビルをケーキのように切ったら
 
ぼくはどうしていただろう
 
恐れおののく暇もなく
 
肉片になってそこらに転がっているか
 
くだらない煩悩から解放され
 
生きている意味を考える事もない 無
 
報道に僕の名前を発見して君は驚く
 
ほんの一瞬だけ 

時間を共有する僕はいないのだ                        
 



阜可 忠
 
平成二十八年十月二十六日
スポンサーサイト
  1. 2016/10/26(水) 09:29:23|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<雲水 | ホーム | 小さな脈動>>

コメント

No title

こんにちは。

自分が死んだ夢を見たことがあります。自分にも死んだ自覚があり、さほど悲しみもしない親の前で、途方に暮れている、夢。自分の死体が凶暴に暴れているのを、なだめている、ところで、眼が覚めました。

それから時折思うのは、自分は死んでいることに気がついていない、のではないか、ということ。世界中から放り出されたような、不安な気持ちに揺れるのです。

驚く君の前、一瞬共有する時間を失う僕、のように。

生と死の境界線は滲みたり生きる我在り死んだ我もまた
つかさ
  1. 2016/10/26(水) 13:48:00 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> つかさ様。

コメントを下さり有難うございます。

自分が死んだ夢を実際に見た事はありませんが、
どんな気持ちになるのでしょうか。
人知れず人の前から消える。
やがて誰一人私の生きていたことなど記憶に残らない。
それが人の一生であれば甘受しようとも思うのですが。
  1. 2016/10/26(水) 22:06:00 |
  2. URL |
  3. huka tadashi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aiyori91059.blog.fc2.com/tb.php/2622-6f7a1925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)