FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

秋の日

秋の日



 
 
秋の日は母の手のひらに似て
 
柔らかに僕を抱きしめる
 
どんなに小さなことだって
 
自分の事のように喜んでくれる
 
どんなに大きな悲しみでも
 
自分の事のように涙してくれる
 
 
秋の日は母の眼差しに似て
 
僕の乱暴な反抗期には 
 
戸惑いの眼差しして
 
おろおろするばかり
 
 
思い出すたびに胸が痛くなるけど
 
こんな秋の日はあれこれ考えず
 
公園のベンチに座るだけで良い
 
走り回る園児の声を聴きながら
 
母の小さな姿を思い出している



 
 
阜可 忠
 
平成二十八年十月十三日
スポンサーサイト
  1. 2016/10/13(木) 01:58:57|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<秋薔薇 | ホーム | 描きかけの絵>>

コメント

No title

世界中のみんなが攻撃しても
母親だけは守ってくれる…それが母ですね。
  1. 2016/10/13(木) 06:41:00 |
  2. URL |
  3. peko #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> peko様。

コメントありがとうございます。

そうだと思います。
たった一人だけの本当の味方ですね。
今頃になって、母親を哀しませてはいけないですね。
  1. 2016/10/13(木) 08:27:00 |
  2. URL |
  3. huka tadashi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> 9:35***様。

お読み下さり有難うございます。
父母の事をかくとついセンチになります。

素晴らしい両親の愛情に包まれて、いまのあなた様に
なられたのですね。
納得いたしました。
  1. 2016/10/13(木) 10:05:00 |
  2. URL |
  3. huka tadashi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

母親にとって息子はいつまで経っても
自分が母親でありたいと思うような気がします。
私自身、息子がいたから頑張れたと・・・
しかし、まだ、息子にとってはただの親でしかないようですが。。。
いつか、親を思う日がくるのでしょうか・・・
愛情いっぱいに育ててくれたお母様に感謝ですね☆彡
  1. 2016/10/13(木) 19:25:00 |
  2. URL |
  3. 紫音 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> 紫音様。

コメントありがとうございます。

お恥ずかしい話ですが、
この歳になって初めて親の愛情が解るようになりました。
失って知る母の愛情。
今更ながら胸が痛く成る想いです。
  1. 2016/10/13(木) 19:37:00 |
  2. URL |
  3. huka tadashi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aiyori91059.blog.fc2.com/tb.php/2614-a8fb371c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)