FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。





 
 
明日が来ることよりも
 
過ぎた時間に浸ることが多くなった
 
幾ら重ねてもうすっぺらな色が浮かんでくる
 
どれもこれも心の痛む色だ
 
真剣に自分の絵を描いて色を付けて来たか
 
否や否や否や頭の中を駆け回る 否や
 
否やの中に少しだけ光るもの
 
私に関わりのあった人がいる
 
其れで良いのではないか
 
何故生きるか 生きる意味を問う愚かさ
 
与えられた命を死ぬまで生きていくだけの事
 
ほかの命とめぐり逢うことが醍醐味
 
自分に何らかの色を重ねることが出来る
 
其れで良いのではないか
 
 
明日やってくる不確かな時間
 
重ね塗りされる過ぎた時間
 
唯それだけの事
 
 
平成二十八年九月二十五日
スポンサーサイト
  1. 2016/09/25(日) 18:21:24|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<遅れ彼岸 | ホーム | プライベート>>

コメント

No title

こんばんは。

この詩に思う事は、未知の領域、です。

hukaさまの、眼差しの指し示すものが、見えない。見えてこない。想像もつかない。
感情を超えた、鐘の音、を聴いている、そんな比喩しか、思い付きません。

読み取れたのは、私たちは日々色を重ねる絵、に例えられる、こと。


私は、ゴーギャンが投げかけた、永遠の問いを、追いかけている、ということ。

申し訳ありません、取り留めがなくて。
  1. 2016/09/25(日) 19:36:00 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> つかさ様。

こんばんは。
いつもありがとうございます。

御免なさい。
謝らなくていいのですよ。
思いついたことを書き留めた事。、
自分でも結論の出ていない取り留めもない事だと思います。

屹度これも歳のせい。

お許しを。
  1. 2016/09/25(日) 20:24:00 |
  2. URL |
  3. huka tadashi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> huka tadashiさま
おはようございます。
昨日は取り乱し、失礼しました。
あれからまたこの詩を読み、想いをめぐらせました。
今まで描いたものへの眼差しは、なお遠く、果てしない道のり。答えの見えぬ旅。
過去に未来に未だに見えぬものへの憧憬と毅然とした表現への想い。
それらのパースペクティブな重なりが、見えてきた想いがします。
見ているのは未だ見えぬ何か。
私とhukaさまが、違う道を辿りながら、同じものを見ようとしているのかもしているのかもしれない。
そんな想いを抱いて迎えた朝です。
今日がいい日でありますように。
  1. 2016/09/26(月) 08:02:00 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> つかさ様。

おはようございます。
再訪のコメありがとうございます。

最近、歳を感じています。
過去の自分を振り返ることが多くなりました。

せんじつ、ある人がいった事。
”生きるってどういうことなのか?”
”生きる価値”は?
そんな事を念頭に置いて考えた事です。
ですからうまくまとまっていないだろうと思います。
こういうものを情景してはいけませんね。

少しでもこの詩に感じるものが生まれましたら、
私は嬉しく思っています。

有難うございます。
  1. 2016/09/26(月) 08:58:00 |
  2. URL |
  3. huka tadashi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aiyori91059.blog.fc2.com/tb.php/2593-e77bce6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)