FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

彩月

彩月




 
 
一年のときを待って
 
彩月を知ればさくらは咲く
 
はなびらに天を透かし
 
池を艶やかに染めて揺れ動く
 
喧騒を知るや知らず
 
何の迷うことがあろうか
 
一年の歳月は幹を太くして
 
彩月を知りただ一心に
 
咲いて散り舞い風の舟となる
 
己に何の悔いがあろう
 
人の喜怒哀楽の哀れさよ
 
はなの盛衰は時の流れ
 
彩月の螺旋階段を行く
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年三月三十日
 
 
スポンサーサイト
  1. 2016/03/30(水) 08:28:05|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<春の小径 | ホーム | 緑影>>

コメント

No title

雄勁な桜の樹、そして、その艶やかな花。
人間は、櫻花を巡って一喜一憂し、どよめき騒ぎます。
桜の樹は、その様を、悠然と眺めているのでしょう。

それでも、桜木は、きっと、人間の心の憧れをも、寛容に受け止めてくれるのではないか、と思ったりもするのです・・・

「彩月の螺旋階段」。季節の巡り替わり。悠久の時の流れ。
  1. 2016/03/30(水) 11:47:00 |
  2. URL |
  3. オンクル #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

7:30***様。

時節が来るまでじっと耐えて、
一杯に咲き誇り、
そして散っていく。
人間の営みの小ささを想うこの頃です。
矢張り自然は偉大、
畏怖いたします。

今週一杯が見ごろでしょうか。
花見に出かけたいと思っています。

いつもありがとうございます。
  1. 2016/03/30(水) 21:15:00 |
  2. URL |
  3. huka tadashi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> オンクル様。

リコメを消してしまいました。
御免なさい。

コメントを下さり有難うございます。

桜の花に悠久の時を感じます。
仰るように何かと一喜一憂する人に
桜にはどのように見えて何を感じているのでしょうか。
笑って咲いているのか。
苦笑しているのでしょうか。

とても桜の樹に人間はかなわない。
そんな気がいたします。

お読み下さり有難うございます。
  1. 2016/03/30(水) 21:40:00 |
  2. URL |
  3. huka tadashi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aiyori91059.blog.fc2.com/tb.php/2430-f25801c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)