FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

雪くるま

雪くるま




 
 
どなたが乗っているのかしら
 
白い裾野に轍が消える
 
雪の合間の月明かり
 
雪くるまの主の吐息の跡か
 
白い闇に想いがはしる
 
 
どなたのもとへ行くのかしら
 
僅かひと夜の逢瀬に向かう
 
路の先が消え去る前に 
 
小雪はらひら舞う前に
 
記憶を頼りに雪くるま
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年一月九日
スポンサーサイト
  1. 2016/01/09(土) 23:59:52|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<雪くるま | ホーム | >>

コメント

No title

0:17***様。

早々とお読み下さり有難うございます。

雪の結晶がくるくる回る。
小さな小さな雪くるま。
僅か一夜に身を融かす。

今冬はまだ雪を見ていません。
都会の雪は降ればふったで大変なのですが、
あの静謐な雪の夜に想いを重ねてみました。

おやすみなさい。
  1. 2016/01/10(日) 00:33:00 |
  2. URL |
  3. huka tadashi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aiyori91059.blog.fc2.com/tb.php/2358-e1187d28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)