FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

水切石

水切石
 
 
水面の太陽が揺れている
 
あなたは水切石を投げる
 
小さな波紋がひとつふたつ
 
わたしは平らな石を投げる
 
水面に弾かれてとーんとん ととん
 
 
幾つも波紋を重ねる若鮎
 
少年のように跳ねながら水を切る
 
あなたは拍手して数える 

互いに心を弾ませた水切り
 

多分あれは夏の日の午後 
 
真鶴の奥まった入江の砂浜
 
パラソルを波が揺らしている
 
少年の様な私が詩を諳んじたり
 
少女の様なあなたが傍にいて
 
煌めいているまぼろし
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十七年七月十八日
スポンサーサイト
  1. 2015/07/18(土) 01:26:00|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<水切石 | ホーム | 怒龍>>

コメント

No title

少年時代の水切りの思い出が美しいです。

〉水面に弾かれてとーんとん ととん
リズミカルな表現が楽しかったり、
〉少年の様な私が詩を諳んじたり
〉少女の様なあなたが傍にいて
〉煌めいているまぼろし
夏の午後の幼い恋を連想させる表現が微笑ましいですね。
  1. 2015/07/18(土) 16:05:00 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> つかさ様。

お読み下さりコメントを頂きありがとうございます。

遠い日々を想い出して綴りました。
少年たちが集まり水切りの回数を競い合う情景が表現できているでしょうか。
穏やかなかな夏の日の午後、
入り江の奥の静かな砂浜から石を投げた記憶。
あの時の私は何処に行ったのか。
幻に違いない。
だからこそ余計に心に深く刻まれているのかもしれません。
  1. 2015/07/18(土) 19:55:00 |
  2. URL |
  3. huka tadashi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

昔々の思い出の光景ですね^^
私もよく、水切石を投げて競っていました^^
そんな昔の遊びがなくなりつつある今・・・
思えばいい時に過ごした時間だったんじゃないでしょうか・・・
少年の心はいつまでも持ち続けてくださ~い!
  1. 2015/07/18(土) 20:18:00 |
  2. URL |
  3. 紫音 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> 紫音様。

コメントを下さり有難うございます。

この遊びは男子だけと思っていました。
女の子もこうした遊びをなさっていたとは知りませんでした。
そう言えば、こうした遊びを見る事がなくなりました。
時代の流れといえばその通りなのでしょうが、
寂しく思われてなりません。
そうですね、考えてみれば良き時代だったんですね。
共感いただき有難うございます。
  1. 2015/07/18(土) 20:49:00 |
  2. URL |
  3. huka tadashi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんにちは^^

子供の頃を思い出します。
兄弟やお友達と、水切石で遊んで楽しんで居ました。
遠い記憶がよみがえって来ました。
あの頃は、本当に楽しかったなぁ~^^
  1. 2015/07/25(土) 11:06:00 |
  2. URL |
  3. Rain #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> Rain様。

コメントを下さり有難うございます。

男子の遊びで女子は今の今までしないと思っていました。
兄妹で遊んだことがあるのですか?
水切り石は技術もいるし、
何といっても幾つも水を切っていく爽快感がいいですね。
私にも懐かしい想い出です。
  1. 2015/07/25(土) 19:23:00 |
  2. URL |
  3. huka tadashi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

最初の太陽と最後のまぼろしが詩の形を作り上げていますね。
すべては陽炎、揺れながら燃え続ける心の想いのように。
  1. 2015/07/28(火) 21:30:00 |
  2. URL |
  3. 飛来星ラ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> 飛来星ラ様。

ご指摘を受けて改めて読み直しました。

詩作時にはその意識はありませんでした。
しかし、成程その通り。
お蔭で良い詩になった気がいたします。

私の心の中で何時までも揺れています。

有難うございます。
  1. 2015/07/28(火) 21:45:00 |
  2. URL |
  3. huka tadashi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aiyori91059.blog.fc2.com/tb.php/2227-4c9bab8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)