FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

先生 K216

先生
 
 
 
 
 
 
 
先生がおもむろに口を開く
 
若かった頃の先生がそこにいて
 
遠くを見るように語る
 
くぼんだ目の中の過ぎ去った日々
 
先生の真っ白なハンカチ
 
しみじみと目頭を押さえ
 
大切にたたんで胸に仕舞っている
 
教え子は言葉なく見詰めている 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月十六日()
 
スポンサーサイト



  1. 2011/07/16(土) 21:18:18|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<蓮 K217 | ホーム | 有限の時 K215>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aiyori91059.blog.fc2.com/tb.php/1817-35d17918
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)