FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

生を受けて K197

生を受けて
 
 
 
 
 
 
梅雨明けを知らせる夕立
 
七月最初の日がやってきた
 
この世に生を受けた生まれ月
 
煩悩の坩堝に涙を混ぜてきた
 
融かされぬ出逢いと別れ
 
我儘な自分がいつもいて
 
それでも愛おしいいのち
 
薔薇の匂いを少しだけ頂いて
 
そっと触れた風に流してみる
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月一日()
スポンサーサイト



  1. 2011/07/01(金) 01:55:06|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<理解者  K198 | ホーム | 夕立 K196>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aiyori91059.blog.fc2.com/tb.php/1797-2a870d51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)