FC2ブログ

鏡に映して

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

血の色

血の色





実は何も知らなかった

刻まれているのは姿かたち

耳に残る落ち着いた声の抑揚

別れる時の初めての泣き顔


実は何も知らなかった

あなたの血の色さえも


何を知っていたのか

知った振りをしていたのか

姿かたちは変わりゆく

記憶はかきかえられていく

あのときの想いの欠片も必要としないで

あなたはあなたらしく生きている


あなたのおろした決断に

なくなく応えたわたしの諦め

今思えばそれが正しかったと

わたしがあなたに出来た最後の事だと




藍の波


平成三十年五月十九日
スポンサーサイト
  1. 2018/05/19(土) 09:30:48|
  2. | コメント:0
<< | ホーム | 白い便箋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。