鏡に映して

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

巴里逍遥

巴里逍遥









美術館を出てセーヌ沿いに歩く

板張りの人の為だけの橋

コツコツと不器用な音がする

背を丸めると傷心の旅の様で

振り切って川の行方を眺める

印象派の絵のような馴染むひかり

あれは遊覧船か水上バスか

日のひかりを拾っては波に落す

手を大きく振るのは異国の人

抱きしめたいような懐かしさ

ああ 此処は巴里なのだ

彫像の上をカモメが飛び交っている

僕は間違いなく巴里にいたのだ 数日は






ashinoyukito

平成二十九年一月十二日
スポンサーサイト
  1. 2017/01/13(金) 02:39:38|
  2. | コメント:0
| ホーム | 巴里宵記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。