鏡に映して

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

墓名詩

墓名詩










おちてくる言葉などなく

弱さも哀しさも

悦びも楽しさも

撹拌して沈殿させるもの

知的な好奇心のなぞ解き

可能な限り反芻して

さり気なく人生を飾ろうとする

自分のイメージを作り上げる

それが一篇の詩であれば


読む人の批判を恐れる事無く

ただ墓名詩とするためだけに











芦野往人

平成二十八年九月九日
スポンサーサイト
  1. 2016/11/17(木) 01:04:10|
  2. | コメント:2
<<幼い魔女 | ホーム | 名簿>>

コメント

今日のはちょっと調子が違うように感じました。
「それが一篇の詩であれば」までがすうーっと
ひと息で読めます。そして少し間を置いて
「~ためだけに」と終わるのがいいですね。
  1. 2016/11/17(木) 08:05:57 |
  2. URL |
  3. ☆バーソ☆ #IGPPA7yY
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 今日のはちょっと調子が違うように感じました。
> 「それが一篇の詩であれば」までがすうーっと
> ひと息で読めます。そして少し間を置いて
> 「~ためだけに」と終わるのがいいですね。



こんばんは。

コメントを下さり有難うございます。

時々こんな心境になります。
若い頃に手を染めた詩作。
苦しくて書くことから離れた事がありますが、
シソの物から離れるこt歩は出来ず、
いつも詩について考えてきました。

これぞ私の詩と言えるような詩が一篇でも書ければと思っています。
結局、何も書けずに終わってしまうのかもしれません。
生きているうちは書きつづけようと思っています。
応援下さいますようお願いいたします。
  1. 2016/11/17(木) 20:57:10 |
  2. URL |
  3. 芦野往人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。