FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

河口の秋

河口の秋




河口を塞ぐ入道雲が

いつの間にか消えて行く

ほうき雲に掃き清められ

蒼空を水面に映す秋となる


河口の秋は水面に流れていく

葡萄の酒の夕暮れまぢか 

想いを重ねる人ありて

明日の空さえ染めていく



阜可 忠

令和元年九月三十日
スポンサーサイト



  1. 2019/09/30(月) 22:21:28|
  2. | コメント:0

秋よ

秋よ






まだ覚めやらぬ真夏の夢が

真っ赤なマントたなびかせて

まだ焼き足らぬと空を焼く


確かに秋は来ているものを

無理に戻れと押し返す

それでも朝には夕に

清々しい風が頬を抱く

遠慮しないで秋になれ

永い夜に想いを偲ぶ

封じたままのあのときの

綴った文字を追ってみる


秋よ来い来い 

秋よ来い来い

あの方の胸の上辺にも

わたしの胸の深い所まで





阜可 忠

令和元年九月三十日
  1. 2019/09/30(月) 22:04:44|
  2. | コメント:0

風の花

風の花




コスモスは風の花

風を纏って蒼空に咲く

薄むらさきのはなびらで

あなたの爪を咲き染める


コスモスは風の花

空の淡青を透かせて咲く

遠く離れた地に想いを馳せる

何処にいて誰のために咲いているのと  




hukatadashi

令和元年九月二十七日
  1. 2019/09/27(金) 19:25:38|
  2. | コメント:0

コスモス

コスモス






あなたの好きな秋がまたやって来た

秩父のコスモスを訪れる約束は

果たせないまま心の隅に沈んでいる

あの眩しい時を残して

あなたが故郷に帰ってしまったから

秩父のコスモスは未だ淋しがり屋で

あなたを待って秋風の中

秩父の駅の片隅で揺れている

細いからだを揺らしている      



hukatadashi

 令和元年九月二十六日
  1. 2019/09/26(木) 19:17:10|
  2. | コメント:0

なみだ

なみだ




涙腺の緩む季節を迎えた

しっとり浸みてくる哀し歌

詰め切れない想いの欠片

歌い手の語りかけるような其の歌に

過ぎ去った波の重なり覚えて

夜も朝も何度も聴いてなお飽きず

抑えきれない痛い程のなみだを

君は安っぽいなみだと哂うだろうか

涙腺の緩んだ年寄りと哂うだろうか

気が付かなくても仕方ない事

心の奥底にこびり付いた哀しみを

波に乗せてこの歌に重ねるとしても

きわめて個人的な想いなのだから

あなただけが知る想いなのだから







阜可 忠

令和元年九月二十六日
  1. 2019/09/26(木) 09:57:28|
  2. | コメント:0

秋の知らせ

秋の





あなたの秋が届きました

くにざかいの山を下りきて

コトリと小さな音 郵便受けに

宛名に私の名前 丸い文字

封筒に微か色さえとめて

紅葉を一枚同封されて 誘い来る

十一月になる前にお越しくださいと

都合のいい日がかいてある






阜可 忠       

令和元年九月二十五日
  1. 2019/09/25(水) 02:39:38|
  2. | コメント:0

今は詩えない

今は詩えない







花の詩はうたえない 今は

恋の詩はうたえない 今は

災禍に術もなく悲しむ人に

声をかける事を戸惑ってしまう

花の詩も恋の詩もうたえない 今は

瓦礫の中に失った大事な想いで

癒されない傷の大きさ

僕の言葉は陳腐過ぎて

語ることは出来ない 今は









阜可 忠

令和元年九月二十四日
  1. 2019/09/24(火) 01:00:51|
  2. | コメント:0

足長蜂

足長蜂





夏の忘れ物は小さな無花果の実

熟れも出来ずに枝に群れている

焼けこげた葉の影に隠れている


緑色の無花果の実を抱く足長蜂

夏の風に戻り損ねて命果てるのか

虎模様のタキシードはそのままに

細い足をくの字に曲げている

誇らしげに太陽を受けた勇姿は何処

今は物言わず翅を閉じている

想えばひと夏のいのちか

心に去来するものは何だろう

足長蜂は誇りを滲ませる

後悔もなく成り行きにまかせて






阜可 忠

令和元年九月二十三日
  1. 2019/09/23(月) 08:46:24|
  2. | コメント:0

命の花

命の花





最初は心の小さなほくろ

針の先ほどの傷をつけた様な


まず君は恋人であり

君は妹であり

姉であり

母の様であり

姫であり

天使の様である


縁あって出逢って

縁なくて別れて

想い人にかわらない

永くて短い人生に枯れる事を知らない

一輪の花に相違なく

こころの花瓶に活けている

命の花として

此の花に優る花は無いと知る





阜可 忠 

令和元年九月十四日
  1. 2019/09/14(土) 22:48:29|
  2. | コメント:2

秋の月

秋の月


突然の電話

声が弾んでいる

月が綺麗だから観て下さいと

そういえば今夜は中秋の名月

心の余裕もなく忘れていた


頑強な暑さもさすがに去り

清々しい風を感じる秋の夜

磨き抜かれた月のひかり

街の騒がしい色も音もなく

心に遮るものとてない


秋服の支度を整えたら

コスモスの咲き乱れる畑

花であなたを埋める計画

富士山のみえるコスモス畑

月の知らせのお礼に



阜可 忠

令和元年九月十四日
  1. 2019/09/14(土) 03:52:06|
  2. | コメント:2






ひとみに秋が映っている

覗きこむと君が其処にいて

僕の秋を見ようとしている

昨年も もっと前の秋にも

互いの秋を探していた

絵画館に続く道すがら

青空と公孫樹と歩道と

ひとみの中に秋を少しずつ

嵌めこみながら歩いた

秋は二人の傍にいて あの頃

こころの奥まで沁みこんで 今は

懐かしくも淋しい秋を知らせる

君のひとみを覗くと秋が見えて

黙ったまま涙する君がいる






阜可 忠

令和元年九月二日
  1. 2019/09/02(月) 21:34:23|
  2. | コメント:4