FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

桜宴

桜宴






この季節になると

さくら さくらで気ぜわしい

気候が整わないうちから浮き足立って

今年は早いの遅いの桜前線予報合戦

咲く前から上野のお山は陣取り合戦

咲けばさいたで花より団子

飲めよ語れよ かくかくしかじか

ひととき忘れる夜のかげ

浮かれる中に散るさくら

咲いたさくらの儚さよ

ああ うたげの後の虚しさよ

別れた人の恋しさよ



             平成最後の桜満開






阜可 忠

平成三十一年三月二十八日    
スポンサーサイト
  1. 2019/03/28(木) 22:32:02|
  2. | コメント:2

桜宴

桜宴


 
 
この季節になると
 
さくら さくらで気ぜわしい
 
気候が整わないうちから浮き足立って
 
今年は早いの遅いの桜前線予報合戦
 
咲く前から上野のお山は陣取り合戦
 
咲けばさいたで花より団子
 
飲めよ語れよ かくかくしかじか
 
ひととき忘れる夜のかげ
 
浮かれる中に散るさくら

咲いたさくらの儚さよ
 
ああ うたげの後の虚しさよ
 
別れた人の恋しさよ
 
 
 
             平成最後の桜満開
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成三十一年三月二十八日    
  1. 2019/03/28(木) 22:30:41|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

気配

気配
 
 
 
 
 
 
匂いの主問うて夢見心地
 
青みを帯びたひかり
 
幽かな揺らぎを拾い
 
来る人の気配を知る
 
匂いの主は歩みを止め
 
微かな寝息を確かめている
 
 
  
 過去詩     阜可 忠 
 
           平成二十四年三月八日
  1. 2019/03/22(金) 21:44:06|
  2. 過去詩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の精

雪の精


 
 
 
 
雪の精が舞い降りて
 
吸い込まれた沈黙が
 
澄んだ音色となって湖を渡る
 
見えぬひかりにつつまれ
 
静寂の舞をみせる雪の精
 
純すぎるほどの雪の想い
 
紅色の炎そめて
 
永久に舞う雪の精
 
 
 
 
   過去詩    阜可 忠
 
            平成24年3月7日
 
 
  1. 2019/03/22(金) 21:40:23|
  2. 過去詩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信楽

信楽


 
 
 
 
信楽のひかりに導かれ
 
目覚める命の心地よさ
 
戒めの矢じりは胸の奥で
 
生まれたばかりの時を刻む
 
痛みを忘れてはならぬ
 
一瞬のひかりを育み
 
見つめる人だけを愛おしみ
 
昨夜の絶望の闇に
 
永久の光を注ぎ歩き出す


 
 
 
   過去詩       阜可 忠
 
              平成24年3月6日
 
 
 
  1. 2019/03/22(金) 21:37:37|
  2. 過去詩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

指先

指先


 
 
その先は言葉にするな
 
別れの辛さは指先で解る
 
あなたが決めた成り行きを
 
見失うなよ迷わすな
 
三年の歳月のしがらみを
 
無理矢理たちきるこの朝に
 
相応しい言葉は交わせない

狂いそうなほど好きだから
 
だから今は何にも言うな
 
黙っていれば 其れで良い







阜可 忠 

 平成三十一年三月二十日
  1. 2019/03/20(水) 23:04:55|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蛇の目傘



蛇の目傘




玉砂利を踏む音

蛇の目傘の雪を払って

腰をかがめて足袋を拭く

首をかしげて笑う

魅せられているその所作

「ねっつ ゆびこんなに冷たい」

いやがる襟足に触れては戯れる

「こんな日に誘った罰です」

珈琲を口にふくんで

「貴方のように暖かい」

参道の杉木立から雪がはらり







   過去詩     阜可 忠

            平成二十四年二月十九日作
.
  1. 2019/03/20(水) 22:42:06|
  2. | コメント:0

蛇の目傘

蛇の目傘
 
 
 
 
 
 
玉砂利を踏む音 
 
蛇の目傘の雪を払って
 
腰をかがめて足袋を拭く
 
首をかしげて笑う
 
魅せられているその所作
 
「ねっつ ゆびこんなに冷たい」
 
いやがる私の襟足に触れて笑う
 
「こんな日に誘った罰です」
 
珈琲を口にふくんで
 
「貴方のように暖かい」
 
参道の杉木立から雪がはらり





 
 
   過去詩     阜可 忠
       
            平成二十四年二月十九日作
  1. 2019/03/20(水) 22:35:16|
  2. 過去詩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

虚数

虚数





空洞に詰めるのはさらなる虚数

実体のない私が彷徨って

こころに括弧をかけて2乗する

畏れることはない

遠回りもショートカットもない

神様の言うとおり

計画通り事は運んでいる







 過去詩                壺中の天         

            平成二十四年二月二十日作
  1. 2019/03/19(火) 22:05:32|
  2. | コメント:0

虚数

虚数
 
 
 
 
 
 
 
 
 
空洞に詰めるのはさらなる虚数
 
 
実体のない私が彷徨って
 
こころに括弧をかけて2乗する
 
畏れることはない
 
遠回りもショートカットもない
 
神様の言うとおり
 
計画通り事は運んでいる
 
 
 
 
過去詩       壺中の天
         
            平成二十四年二月二十日綴
  1. 2019/03/19(火) 22:02:15|
  2. 過去詩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

宵さくら

宵さくら






さくらぼんぼりそぞろに歩く

茶会のあとの逢瀬をゆけば

はらはら花のかみかざり

掬ってくちびるそめし君


さくらの宵のこいならば

いつか散るのもかくごゆえ

はなれて偲ぶ人のここにあり

さくらぼんぼりに君をみる






阜可 忠

平成三十一年三月十九日
  1. 2019/03/19(火) 21:44:58|
  2. | コメント:0

宵さくら

宵さくら



 
 
さくらぼんぼりそぞろに歩く
 
茶会のあとの逢瀬をゆけば
 
はらはら花のかみかざり
 
掬ってくちびるそめし君
 
 
さくらの宵のこいならば
 
いつか散るのもかくごゆえ
 
はなれて偲ぶ人のここにあり
 
さくらぼんぼりに君をみる




阜可 忠

平成三十一年三月十九日
  1. 2019/03/19(火) 21:42:21|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小庭の春

小庭の春







春を知らせるものは

日ごとのびる薔薇の柔葉

触れればほんのり陽の温み

花ひらく様子を心に描いて

一人一人に水やりのひと時

小庭に息する者たちに感謝して

大むらさきの蕾のふくらみを確かめる

自然薯はまだ枯れたままの蔓がらみ

土塊のなかで微かな寝息をもらす

柿の新芽は薄ら目をひらいて

あたりに自分を染める色を溶く




阜可 忠

平成三十一年三月十九日
  1. 2019/03/19(火) 08:46:04|
  2. | コメント:0

小庭にて

小庭にて




 
 
春を知らせるものは
 
日ごとのびる薔薇の柔葉
 
触れればほんのり陽の温み
 
花ひらく様子を心に描いて
 
一人一人に水やりのひと時
 
小庭に息する者たちに感謝して
 
大むらさきの蕾のふくらみを確かめる
 
自然薯はまだ枯れたままの蔓がらみ
 
土塊のなかで微かな寝息をもらす

柿の新芽は薄ら目をひらいて 

あたりに自分を染める色を溶く
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成三十一年三月十九日
 
  1. 2019/03/19(火) 08:42:28|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の訪れ

春の訪れ






通り過ぎる風がやわらかくなって

優しく春の訪れを告げていくから

白木蓮の蕾が頑なな想いを開きだす

通り過ぎる風が想いを抱きしめる


通り過ぎる風がやわらかくなって

優しく春の訪れを告げていくから

薔薇の赤い芽がどんどん手を伸ばす

小さなお庭にも春が来る




阜可 忠

                  平成三十一年三月十六日
  1. 2019/03/16(土) 21:54:17|
  2. | コメント:0

春の訪れ

春の訪れ


 
 
通り過ぎる風がやわらかくなって
 
優しく春の訪れを告げていくから
 
白木蓮の蕾が頑なな想いを開きだす
 
通り過ぎる風が想いを抱きしめる
 
 
通り過ぎる風がやわらかくなって
 
優しく春の訪れを告げていくから
 
薔薇の赤い芽がどんどん手を伸ばす
 
小さなお庭にも春が来る



阜可 忠


 平成三十一年三月十六日

  1. 2019/03/16(土) 21:52:27|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

はる

はる




たっぷりと含ませて

一息に菜の花を塗る

蒼穹いっぱいに広がるひばり

武蔵野の小さな駅

彩をなぞって春をみる

この季節めぐり来て

幾重の色のおぼろげに






過去詩      阜可 忠

         平成二十四年二月二十三日
  1. 2019/03/14(木) 22:05:25|
  2. | コメント:0

はる

はる
 
 
 
 
 
 
たっぷりと含ませて
 
一息に菜の花を塗る
 
蒼穹いっぱいに広がるひばり
 
武蔵野の小さな駅
 
彩をなぞって春をみる
 
この季節めぐり来て
 
幾重の色のおぼろげに
 
 
 
 
 
過去詩      阜可 忠

         平成二十四年二月二十三日
  1. 2019/03/14(木) 22:00:41|
  2. 過去詩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

 
 
 
 
 
 
さみしい時はここに来る 
 
みじめな時はここに来る
 
やりきれない時はここに来る
 
癒すものなど仕舞ってあるわけではない
 
つらいものがぎっしり詰まっている
 
苦しい時に耐えてきた
 
心が少し戻ればいい
 
 
 
 
 過去詩        阜可 忠
 
         平成24年2月24日
  1. 2019/03/14(木) 21:53:24|
  2. こころみの詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


 
 
 
 
 
 
理解することは誤解ですか
 
そう言ってあなたは帰る
 
後ろ姿で哭いている
 
肩に哀しみがとめてある

 
あなたには解らないきっと
 
何もかも捨てて縋りたい
 
抑えるその辛さを
 
見送るこの寂しさを
 
 
 
 
 
 
 
過去詩        阜可 忠

        平成24年2月24日


  1. 2019/03/14(木) 21:51:08|
  2. 過去詩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

永久とは

永久とは


枯葉言葉のたき火あと
 
手紙の宛名がふらふらと
 
立ちのぼって消える糸けむり
 
心からませた傷の跡
 
重ねた時間を透かしては
 
細かく砕いて粉にひく
 
乳鉢の底にこびりつく
 
永久とはかくも小さな粒子
 
 
 
 
 
過去詩            阜可 忠
          H24.02.25


  1. 2019/03/13(水) 08:46:55|
  2. 過去詩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

 春告げ雨

 春告げ雨
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時が過ぎ
 
季節を移す雨が降る
 
木の芽扉が濡れそぼる
 
握りしめるこぶしの奥に
 
目覚め誘う雨が降る
 
明日の季節を知らしめる
 
 
 
 
 
 
過去詩           阜可 忠

        平成二十四年二月二十四日
  1. 2019/03/13(水) 08:42:33|
  2. 過去詩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妖精のおなら

 妖精のおなら





       妖精の色つきおなら

       恥ずかしげに羽音忍ばせ

       赤い妖精

       碧い妖精

       くちびるの虹の露

       春のはなびら染めていく
 
 

 
  過去詩               阜可 忠 (23.3.3)
  1. 2019/03/13(水) 08:38:48|
  2. 過去詩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

 にじりぐち

 にじりぐち
 
 
 
 
花をめぐる心字池
 
茶室につづくあゆみいし
 
花びらはらり舞い降りて
 
にじりぐちに桜足袋
 
茶席のひとの美しき
 
所作に静かな舞を見る
       
 
 過去詩        阜可 忠
 
               平成二十四年二月二十八日
  1. 2019/03/13(水) 08:35:07|
  2. 過去詩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

呼子笛

呼子笛
 
 
 
 
 
つっかえ棒が欲しい時
 
こわれて仕舞いそうな時
 
魔法の杖が空を飛ぶ
 
枯れ枝の様な心を支える
 
三月はまだ不器用で
 
武骨な風が吹いている
 
風に向かって空を飛ぶ
 
枯れ枝の様な心を支える
 
つっかえ棒が欲しい時
 
吹雪の中の呼子笛
 
微かな音も逃さない
 
枯れ枝の様な心を支えよう
 
 
 
   過去詩
           阜可 忠
 
           平成二十四年三月朔日
  1. 2019/03/13(水) 08:31:22|
  2. 過去詩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

口紅

口紅





誕生祝いに口紅がいいという

下着売り場と同じくらい恥ずかしい

汗が止めどなくながれる

販売員がにこっと笑う

丁寧にリボンをかけた口紅

ありがとうの笑顔

お礼に少しづつお返しするね

もう何年も前の約束

口紅のお返しは済んだという





過去詩

         阜可 忠

   平成二十四年二月十五日
.
.
  1. 2019/03/12(火) 14:19:13|
  2. | コメント:0

口紅

口紅
 
 
 
 
 
 
 
誕生祝いに口紅がいいという
 
 
下着売り場と同じくらい恥ずかしい
 
 
汗が止めどなくながれる
 
 
販売員がにこっと笑う
 
 
丁寧にリボンをかけた口紅
 
 
ありがとうの笑顔
 
 
お礼に少しづつお返しするね
 
 
もう何年も前の約束
 
 
口紅のお返しは済んだという
 
 
 
 
 
 
 
過去詩     阜可 忠
 
   平成二十四年二月十五日
  1. 2019/03/12(火) 14:14:18|
  2. 過去詩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お月様

お月様
 
 
 
 
お月様は天の窓
 
 
鴉の羽が広がると
 
 
灯りを静かに点します
 
 
父さん待つ子を照らします
 
 
母さんの匂いが上ります
 
 
夕餉の支度が聞こえます
 
 
 
 
お月様は天の舟
 
 
ゆらゆら揺れる帆掛け舟
 
 
星をひろう貝の舟
 
 
ひかりの糸に紡いでは
 
 
咳をする子に贈ります
 
 
心を病む子に届けます
 
 
 
 
お月様はきらきら瞳
 
 
大きく開いて夜を見る
 
 
哭いてる人に手をのべて
 
 
悲しみの記憶を取り去って
 
 
片目を閉じる三日月に
 
 
ランタン揺らす夜の舟
 
 
 
 
  過去詩  阜可 忠
 
平成24211
  1. 2019/03/12(火) 14:06:55|
  2. 過去詩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つばさ

つばさ
 
 
 
 
 
                                                     つばさを休める天使
 
 
寝息が雪の林に溶けていく
 
 
楽しかったことも
 
 
長い旅のことも
 
 
短い眠りに宿る夢
 
 
つばさの先から零れる光
 
 
    明日の朝を手招いて
 
 
 
 
過去詩       阜可 忠         
 
       平成24年2月12日
  1. 2019/03/12(火) 14:01:28|
  2. 過去詩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

波陽炎

波陽炎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
船溜まりが静かになって
 
 
朝陽に向かって舟を漕ぐ
 
 
昨夜の夢を捨てに出る
 
 
切れた時間を紡ぎくる
 
 
小波に結んだ金の糸
 
 
波陽炎にきらめいて
 
 
言葉の小舟を染めていく
 
 
 
 
 
 
 
 過去詩        阜可 忠
 
             平成24年2月13日
  1. 2019/03/12(火) 13:55:53|
  2. 過去詩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ