FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

鉄路

鉄路



 
 
この鉄路あれば
 
吹雪の中をひたすら
 
夜も昼も走り抜けていく
 
晴れた夜は星座を結ぶ
 
 
春の歌の遠からじ
 
花待つ少女の爪にほんのり
 
弾ける少年達のひとみに
 
やわらかなひかり届ける
 
 
ホームに佇めば鉄路
 
意思は固くひたすら
 
海峡を煌めく波間に
 
やわらかなひかり集める
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十九年三月三十一日
スポンサーサイト
  1. 2017/03/31(金) 19:23:41|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この世の事は

この世の事は





 
 
逝く冬の鮮やかな記憶
 
不誠実な春を信じようとする
 
今を境にして先の事は予測不能
 
魑魅魍魎の類 人の心に住まいして
 
純愛さえ数字に置き換えようとする
 
時に抗するなど意味のないこと
 
この世の事は全てまぼろしと言う


 
 
阜可 忠

平成二十九年三月三十日
  1. 2017/03/30(木) 04:17:42|
  2. 原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春待ち雨

春待ち雨


 
 
春を待っているといつも雨になる
 
透明なやす傘を叩く音がする
 
 
猜疑心に揺れ動き
 
胸をつかれた痛い朝から
 
別れの雨が降り続く
 
登りつめた歓びの果て
 
地に墜ちる雨に責めを負わせる
 
分水嶺に咲く花はいずこに
 
春を待たずして朽ちるを赦さずと
 
三月末の雨に諭される夜
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十九年三月二十六日
 
 
 
  1. 2017/03/26(日) 19:29:07|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

春の匂い

春の匂い



 
 
振り向けばあなたの匂いして
 
さくらの花びらに想いする
 
ひと冬を耐えふた冬を耐え
 
めくるめく恋に堕ちるような
 
上野公園のさくらはまだか
 
都会の喧騒そのままにして
 
知ったあなたの匂いの優しさ
 
春になったら来るという人の




阜可 忠
 
平成二十九年三月二十六日
  1. 2017/03/26(日) 00:37:40|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今を咲け

今を咲け


 
 
散るをなげくな
 
いまは唯 寄り添って咲ける時
 
同じ時代の真ん中で出逢えた事
 
たとえ短くとも心燃やすとき
 
さくら今を咲け
 
さくら今を咲け
 
この一瞬あればこそ
 
はなるるを嘆くな





阜可 忠
 
平成二十九年三月二十二日 東京開花宣言
  1. 2017/03/22(水) 22:25:31|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

花燭台

花燭台



 
 
白い木蓮の蕾は
 
夕暮れに生まれ出でて
 
音もなく灯を点して歩く
 
春の夜を濡らすように
 
いまは黙してあなたの心に
 
白い木蓮は忍びあしする
 
白い木蓮の蕾は花燭台として


 
 
阜可 忠

平成二十九年三月二十日
  1. 2017/03/20(月) 20:05:45|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

東京の桜

東京の桜




 
 
春になったら逢いに来い
 
東京の桜を見たいと言って
 
 
何十もある都会の桜名所
 
喧騒さえもいろにかえ
 
淡いくちびる染めて咲く
 
東京の桜の咲くさま
 
散るも愛しいその仕草



 
 阜可 忠

平成二十九年三月十八日
  1. 2017/03/18(土) 23:48:47|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

春景

春景





 
 
土手の上の桜並木
 
早咲きの桜花は時を待たず
 
行く人の肩に髪に
 
ゆるりさふぁり想いを告げる
 
川面を来るまあるい風にのり
 
春めいた日を配達して歩く
 
腕を組むふたりにそそぐのは
 
変わりすぎる時の流れ

変われないあの日そのまま






 阜可 忠

平成二十九年三月十七日
  1. 2017/03/17(金) 08:28:48|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

立田山

立田山



 
 
故郷をあなたに見せたい
 
君は東京の僕の心に言い残した

 
此処が故郷 わたしの生まれ育ったところ
 
上通り下通りの繁華街を歩く
 
たっぷりあった筈の時が過ぎる
 
僅かな時間も見逃してはくれない
 
その残り少ない時間 最後のひと時
 
立田山にふたり腰を下ろして
 
ぼんやり街を眺めている
 
暮れなずむ熊本の街
 
私の家はあのあたり
 
きらきら光るのは白川
 
紫にかすむ阿蘇の山々

 小さく震える指先と絞り出す声
 
明日の別れを予感する

 
あのまま君を脅してでも
 
君を僕の背にくくりつけて
 
東京へ連れて帰ればよかったのに
 
その頃の若さを悔やんでいる
 
今ほどの思慮と老獪さがあれば
 
おざなりの言葉などすてて
 
君の仕合わせを祈るなどとは言わない
 
豪快に誘拐してみせる
 
立田山をそのまま東京に持ってくる
 
熊本の蒼空をそのままに
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十九年三月十七日
  1. 2017/03/17(金) 00:38:59|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月のひかり    旧友に捧ぐ

月のひかり      旧友に捧ぐ



 
 
夢を語らなくなって久しい
 
怠惰に費やした時間の重さに沈みこむ
 
夢を落とした記憶もない儘に
 
当然と言えば当然な成り行き
 
本当の自分の価値を知らず
 
お前が棄てた夢の数々
 
拾い集めて月のひかりに植えてみる



 
阜可 忠
 
平成二十九年三月十五日
  1. 2017/03/15(水) 16:20:40|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

孤舟

孤舟




 
 
震えながら嘯いている
 
想い出なぞ無用の長物
 
抱えきれず野に朽ちるだけ
 
一つあればそれでいい
 
 
悟ったようなこと言っては
 
悶々として今夜も眠れず
 
煩悩の海に漕ぐでもなく
 
孤舟 カッチーニに哭く
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十九年三月十五日
 
 
 
  1. 2017/03/15(水) 02:56:42|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

忘れない

忘れない



 
 
憤りの彼方の深い哀しみは
 
言葉で癒される筈もなく
 
忘れない 忘れる筈もない
 
六年前の地獄
 
押し寄せて全てを奪い去った狂気
 
忘れない 忘れられる筈もなく
 
今ようやく春めいてきても



 
 
阜可 忠

平成二十九年三月十一日
  1. 2017/03/11(土) 08:22:11|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

刺繍

刺繍



 
 
ひと目ひとはり春を掬う
 
天使が話しかけ
 
空も雲も花も水も
 
みんな春になる
 
刺繍糸のやわらかいあたり
 
合唱団の澄んだ歌声
 
ひと針ひと針さすごとに
 
ひと目ひとめ掬うごとに
 
やわらかな春の訪れ
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十九年三月十日
 
 
 
 
 
 
  1. 2017/03/10(金) 08:24:06|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雨の病院

雨の病院




 
 
煩悩を後生大事に抱いている
 
それが証拠にバスを乗り継いで病院へ
 
 
お洒落な椅子に腰かけて番を待つ
 
ガラスの壁が物憂げにみえる
 
何が哀しゅうてガラスを曇らせる
 
悲しみ隠して曇らせる
 
煩悩あらわにまいらせる



 
阜可 忠

平成二十九年三月八日
  1. 2017/03/08(水) 01:24:30|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

 
 
絵が描けたら
 
山の絵を描きたい
 
呼吸する山を描いてみたい
 
山を描くことは空を描くこと
 
空を描くことは雲を描くこと

 
魅かれる時をとかして
 
呼吸する山を描いてみたい


 
 
阜可 忠

平成二十九年三月八日
  1. 2017/03/08(水) 00:39:22|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

花を待つ人

花を待つ人



 
 
最初に風が来て
 
ひとしきり大声立てて行く
 
 
次に春告げ鳥来て
 
春の気配だけ窓に置いて行く
 
雪解け水に眼をさまし
 
やがて花たちが踊りだすよと
 
 
そのあとに来るひと だーれ
 
幼い妹の手を曳いて
 
春のうたを唄っている

 
花を待つ人に訪れる 
 
どうぞ あなたに春たより
 
囁くようにはなびら一つ
 
小さな爪を染めていく
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十九年三月三日
  1. 2017/03/03(金) 20:42:52|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

慈雨

慈雨




 
 
冷たさを嘆くことはない
 
薔薇の赤芽膨らんで
 
露の滲みる早春の朝
 
雀よ小枝を揺らすな
 
やわらかく過ぎよ早春の風
 
水滴の中のそらが墜ちないように
 
ゆるゆると慈雨に歩みを止めて


 
 
阜可 忠

平成二十九年三月二日
  1. 2017/03/02(木) 09:22:14|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2