FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

白い薔薇

白い薔薇










過ぎた日に濾過されて

収斂される記憶ひとつ

鮮やかに朽ちる事無く

花びらの透き通りゆく

一輪の白い薔薇よ

青空をおりてくる風を

微笑んで身に纏う

大切な方の匂い確かめて  












芦野往人

平成二十八年七月三十日
スポンサーサイト
  1. 2016/07/30(土) 14:33:01|
  2. | コメント:0

閻魔様

閻魔様









地獄で閻魔様の裁きに身を置いた

その声は裕次郎の歌のようで

優しささえ感じられる

地獄の検事の甲高い声を制して

閻魔様は形相だけは凄まじく

私の過去をつぶさに読んだ

やり残したことは無さそうだな

特に悪い性癖も無い

そして厳かに判定を読み上げる

やり残したことがあるのは一番の罪

やり残したことは無いと言うがのう

お前の心底にある想いの深さは地獄より暗い

その限りない暗さが眩しくてならぬ

地獄には置いておけない 追放である

現世の修業を励んで白い百合を手にして

何処にでも行くがよい

二度と地獄の門を叩くことは許さず

おぼれ気に裕次郎の歌がきこえていた

















芦野往人

平成二十八年七月三十日
  1. 2016/07/30(土) 04:47:34|
  2. | コメント:2

夏枯れ

夏枯れ



 
 
夏枯れの庭のひび割れる土塊
 
わずかに紫カタバミの残る健気に
 
つる薔薇の雲を絡め取りゆれる
 
 
暑さにもんどりうって堕ちる柿坊主
 
春の頃には三百も実を結びながら
 
雨に墜ち 風に耐えられず
 
数えれば十指に余る 
 
夏枯れに 立秋よ駆けて来いと命じる
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年七月二十八日
 
 
 
 
  1. 2016/07/28(木) 02:11:51|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

存在

存在









偽りの中の真実

真実の中の偽り

表裏一体の人の世に時を稼ぎ

記憶の曖昧さに美化される過去

薄れてゆく真実と偽りの境界

終わるまで連綿と続く時の流れ

繰り広げられる真実と偽りの饗宴

とめられない呼吸がここに






芦野往人

平成二十八年七月二十八日
  1. 2016/07/28(木) 01:27:44|
  2. | コメント:0

事件の後で

事件の後で



 
 
血は血で洗い落とせるのか
 
事件の後に良心がしゃしゃり出てくる
 
尤もらしく解説して嘆いてみせる
 
普段は気にも留めてないくせに
 
ことさらに声を大きくして
 
かくいう私も同類
 
いっとき胸を痛めたふりをして
 
血で血を洗い流そうとしている



阜可 忠
 
平成二十八年七月二十七日
  1. 2016/07/27(水) 10:25:01|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

怖い夢

怖い夢




 
 
寝付きの悪いのは筋金入りだ
 
やっと浅い眠りについたと云うのに
 
三度の金縛り
 
得体の知れない物の怪の気配
 
障子明かりがぼんやり怖くて
 
喉を締めつけて叫べない恐怖
 
力を振り絞ってがばっと起きる
 
怖い夢の覚めやらぬ薄い闇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年七月二十七日
  1. 2016/07/27(水) 08:39:19|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

夏風邪カラス

夏風邪カラス









語りかける言葉無く

語りかけられる言葉無く

こころを探す迷いガラス

漆黒の翼の誇りはおちて

お前の足元に力なく翼折る

激しい雨に絡め取られて

夏風邪カラス咳をする







ashinoyukito

平成二十八年七月二十七日
  1. 2016/07/27(水) 00:20:02|
  2. | コメント:0

私の「智恵子抄」

私の「智恵子抄」




 
 
出逢って間もなくのころ
 
愛おしいひとに贈った赤の硬表紙
 
鮮やかに蘇る智恵子抄 
 
 
丁寧に智恵子抄を開いて 君は
 
澄んだ声で読んで聴かせた 私に
 
君のふるさとの訛りの残る声
 
失いかけて日常に流されそうなとき
 
智恵子抄の君を偲んだりしている 私
 
 
 
 
 
 
 
ほくと様の「智恵子に会いに」を拝読して。
 
わたしの「智恵子抄」を偲んで綴る。
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年七月二十七日
 
  1. 2016/07/27(水) 00:05:48|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

情念

情念



 
 
時空を超えて夢に出て来たのか
 
君の中に僕等ある筈もなく
 
夢でも逢いに来る筈も無い
 
夜明けまでの長い時間
 
ちくりちくりと胸を刺されて
 
瀕死のこころをどうすることも出来ない
 
 
君の夢に僕は出るだろうか
 
君の中に僕は住むことは出来ず 
 
夢でも逢いに行けるはずもない
 
理知的な深い瞳をとじて
 
君は違う時空に遊んでいる
 
夜明けまでの短い時間を愉しんでいる
 
 
夢は想いの深さの故か
 
夢は潜在意識に刻まれた情念
 
夢に君が来たら 今度
 
君の瞳の深い所に情念を鎮めてみよう
 
 


huka tadashi


平成二十八年七月二十六日
  1. 2016/07/26(火) 11:45:35|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小径

小径


 
 
咲かされた薔薇よりも
 
武蔵野の雑木林の小径の
 
うす紫の小さな花が好き
 
 
やわらかに風が抜けていく
 
ひかりにあなたが透き通る
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年七月二十五日
 
  1. 2016/07/25(月) 01:13:14|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

はらり

はらり





 
 
騙されたわけではない
 
騙したわけではない
 
会話の隅々にこころ散りばめて
 
ひがな千鳥ヶ淵に舟を浮かべた
 
 
騙し騙されたわけではない
 
女神が嫉妬して背を向けただけ
 
ちょっとした気まぐれ風に
 
はらりはらはら水面のわくらば
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年七月二十五日
 
 
 
 
 
  1. 2016/07/25(月) 00:55:12|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

あの日

あの日









拾えばいくつもあるあの日

むせ返るような青春の真ん中

愛する事も理解せず

生きる意味を悟りもせず

飛び散るのは汗だと言い張り

涙を隠してお前を抱いた

幾つもあるあの日の中の一日

ついに来た最後の一日

拾いきれない想いの欠片

今も胸が疼いて痛すぎる

こんなにも敗北感に苛まれるとは

あの日以来 生きていることの後悔

墓碑に詩を刻む愚かさを知る








ashinoyukito

平成二十八年七月二十五日
  1. 2016/07/25(月) 00:26:32|
  2. | コメント:0




 
 
触れてごらん
 
わたしの命のあかし
 
 
絶間なく振れる希望と絶望の合間
 
宇宙年を繋いできた営み
 
君に触れた時のときめき
 
離れて生きてきた哀しみ
 
何もかもが此処から始まる
 
やがて訪れる終焉の時
 
脈を与えてくれたお礼を
 
脈の冷静さに恨み言を
 
 
ねえ 触れてごらん
 
山を突きぬくようなような
 
深い海に墜ちていくような
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年七月二十四日
  1. 2016/07/24(日) 08:10:24|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2











龍を描く画伯あり

龍に寄り添う言葉書きあり

妻なるひとの控えめに

龍の迫力にさり気なく名文

佳き夫婦とはこのお二人

言葉にするには躊躇しながらも

情を感じて此処に少しだけ



芦野往人

平成二十八年七月二十二日
  1. 2016/07/22(金) 09:33:54|
  2. | コメント:0

カピタン10年もの

カピタン10年もの









カピタンは長崎の焼酎

十年の眠りから覚め

グラスに滲みてゆらゆら

立ち上る丸い芳香

秘めやかな夢のように薫り

やがて堕ちてゆく余韻

有難うと言って ゆっくりと 私






長崎から東京に来た友人の土産。
カピタン10年もの。美味い。

芦野往人

平成二十八年七月二十二日
  1. 2016/07/21(木) 23:45:01|
  2. | コメント:0

独り

独り




 
 
逢えるかな誰かに
 
馬が合う奴と逢えれば良いなあ
 
旧い友人は一人さり ふたり逝き

 
新しい出会いは難しい
 
互いに尊敬できるような奴が来ないかな
 
偉そうなことは云える柄では無いけど
 
人品卑しからぬ奴がいい 
 
とても無理なら今のままでよい
 
気を使わずのんびり独りでね
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年七月二十一日
  1. 2016/07/21(木) 23:31:14|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

鍵盤を愉しむ

鍵盤を愉しむ









穏やかな眠りから覚め

自己流で始めた鍵盤に向かう

ピアノは買えないのでキーボード


中学の音楽を思い出しながら

ドは何処 ラは何処

初恋の人に出逢ったように

恐るおそる音を出す

ト音記号 ヘ音記号 エトセトラ


繰り返し繰り返し

初恋の人を想うように

鍵盤に触れている

覚束ない幼児の歩みの様な

鍵盤に指を置く愉しみ





芦野往人

平成二十八年七月二十一日
  1. 2016/07/21(木) 14:36:27|
  2. | コメント:0

ほろ酔い気分

ほろ酔い気分




 
 
人並みにオギャと生まれて
 
全て人の世話になってきた
 
一人では何も出来ないくせに
 
いっぱしの説教をしたりする
 
他人の事じゃない自分の事だ

と ここまではまとも

さて これから後がいけない
 
 
長崎の焼酎を飲みながらふと考えた
 
呆れかえるほど愚かな自分について
 
深刻ぶったりしているくせに
 
なんとなくふわふわしている

 
旨い焼酎が効いてくる
 
酒を呑むなどめったにない 本当に
 
酒は微積分と同じくらい苦手だ
 
なのにだんだん気持ち良くなる酔い心地
 
証明問題が解けるように快い
 
 
氷をカリリと噛みながらふと考えた
 
何を書こうとしていたのだろうか
 
今夜はつまらない駄文をやめて
 
雲の向こうに月を見る

見えるはずない月を見る
 
たまにはこんな夜もいいもんだ
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年七月二十日
 
 
 
 
  1. 2016/07/20(水) 23:03:14|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

極意

極意





 
 
誰も約束した訳ではない
 
誰も保証されたわけではない
 
今日を過ぎれば明日が来ると
 
時間が過ぎれば全て解決すると
 
空々しく吹き抜ける風のまやかし
 
約束できる事など何もない
 
他愛無い過去を積み重ねて
 
それでも価値があるとするなら
 
馬耳東風 楽天的肯定
 
それが唯一の生きのびる極意
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年七月二十日
 
 
 
 
  1. 2016/07/20(水) 09:20:59|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

にやり

にやり




 
 
夜を透かして見えてくる
 
得体の知れないものが見えてくる
 
わたしは視線を打ち付ける
 
相手は鋭い目を離さない
 
心の奥まで覗くように
 
 
人品を推し量るように見つめあう
 
お互いに大したものでは無さそうだ
 
わたしは思わずにやりとした
 
相手もにやりとしてから
 
音もなく夜に溶けて消えて行った
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年七月十九日
 
 
 
  1. 2016/07/19(火) 10:01:50|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

孤峰の月

孤峰の月




 
 
月に指立てて知るのは
 
あなたへのみちのり
 
屈折するひかりの路
 
銀箔を張りつめた夜
 
辿りつけない哀しさ
 
 
月に指立てて量るのは
 
あなたへの距離の長さ
 
悔しさを胸の奥に秘めて 
 
言葉を並べ変えてみる
 
高きに登るを夢にして
 
 
月に指立てて知るのは
 
あなたの深さ気高さ
 
孤峰に舞い降りるつばさ
 
膝間づいて掬って抱く
 
勇気とほこりと優しさ




 
 
阜可 忠
 
平成二十八年七月十七日
  1. 2016/07/17(日) 23:44:42|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

白い薔薇

白い薔薇




 
 
過ぎた日に濾過されて
 
収斂される記憶ひとつ
 
鮮やかに朽ちる事無く
 
花びらの透き通りゆく
 
一輪の白い薔薇よ
 
青空をおりてくる風を
 
微笑んで身に纏う
 
大切な方の匂い掬って
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年七月十七日
 
 
 
 
 
 
  1. 2016/07/17(日) 20:58:23|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

白い百合

白い百合




 
 
地獄で閻魔様の裁きに身を置いた
 
その声は裕次郎の歌のようで
 
優しささえ感じられる
 
地獄の検事の甲高い声を制して
 
閻魔様は形相だけは凄まじく
 
私の過去をつぶさに読んだ
 
やり残したことは無さそうだな
 
特に悪い性癖も無い
 
そして厳かに判定を読み上げる
 
やり残したことがあるのは一番の罪
 
やり残したことは無いと言うがのう
 
お前の心底にある想いの深さは地獄より暗い
 
その限りない暗さが眩しくてならぬ
 
地獄には置いておけない 追放である
 
現世の修業を励んで白い百合を手にして
 
何処にでも行くがよい
 
二度と地獄の門を叩くことは許さず
 
おぼろに聴く閻魔様の歌
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年七月十七日
  1. 2016/07/17(日) 11:37:39|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夏風邪カラス

夏風邪カラス





 
 
語りかける言葉無く
 
語りかけられる言葉無く
 
こころを探す迷いカラス
 
漆黒の誇りはおちて
 
お前の足元に力なく翼折る
 
激しい雨に絡らまれて
 
夏風邪カラス咳をする


 
 
阜可 忠

平成二十八年七月十六日
  1. 2016/07/16(土) 20:30:01|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あの日

あの日
 
 
拾えばいくつもあるあの日
 
むせ返るような青春の真ん中
 
愛する事も理解せず
 
生きる意味を悟りもせず
 
飛び散るのは汗だと言い張り
 
涙を隠してお前を抱いた
 
幾つもあるあの日の中の一日
 
ついに来た最後の一日
 
拾いきれない想いの欠片
 
今も胸が疼いて痛すぎる
 
こんなにも敗北感に苛まれるとは
 
あの日以来 生きていることの後悔
 
墓標に詩を刻む愚かさを知る
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年七月十四日
 
  1. 2016/07/14(木) 08:57:43|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

時を得て

時を得て









胸の中に住まいする不安やら

滑稽で馬鹿馬鹿しい己の心情

溢れては沈み 沈んでは溢れ来る

あれもこれも現世 見果てぬ夢

悶々とこころ乱す夜に彷徨う


しらじらと色を掬いあげ

幽かなひかり重ねくる朝

厳かに心の幕を上げる朝

不安に満ちた夜を追いやり

確かに息吹く朝を迎える


此のひとときがあれば優しくなれる

歩いてきた道の小さな花たちに

おはようと声かけて

ありがとうと言えそうな気がする

時を得て知る七月も半ばに







芦野往人

平成二十八年七月十三日
  1. 2016/07/13(水) 22:10:24|
  2. | コメント:0

カピタン10年

カピタン10年


 
 
カピタンは長崎の焼酎
 
十年の眠りから覚め
 
グラスに滲みてゆらゆら
 
立ちのぼる丸い芳香

拡がる秘めやかな夢のように
 
やがて堕ちてゆく余韻
 
有難うと言ってゆっくりと 私


 
 
阜可 忠

平成二十八年七月十三日
  1. 2016/07/13(水) 09:08:38|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

鍵盤を愉しむ

鍵盤を愉しむ



 
 
穏やかな眠りから覚め
 
自己流で始めた鍵盤に向かう
 
ピアノは買えないのでキーボード
 
 
中学の音楽を思い出しながら
 
ドは何処 ラは何処
 
初恋の人に出逢ったように
 
恐るおそる音を出す
 
ト音記号 ヘ音記号 エトセトラ
 
 
繰り返し繰り返し
 
初恋の人を想うように
 
鍵盤に触れている
 
覚束ない幼児の歩みの様な
 
鍵盤に指を置く愉しみ
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年七月十二日
  1. 2016/07/12(火) 07:36:24|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

漕ぎ行きて

漕ぎ行きて










明けてひと夜の逢瀬

互いの岸に別れ行く

逢瀬の誓いの空しさよ

離れては見えないこの先よ

朝露に想いを残して別れ行く

覚悟の上の此のひととき

出逢う事の意味など問わず

ひたすらに漕ぎゆきて

漕ぎゆきて彼の地の岸に






芦野往人

平成二十八年七月九日
  1. 2016/07/11(月) 05:33:46|
  2. | コメント:0

時を得て

時を得て
 
 
胸の中に住まいする不安やら
 
滑稽で馬鹿馬鹿しい己の心情
 
溢れては沈み 沈んでは溢れ来る
 
あれもこれも現世 見果てぬ夢
 
悶々とこころ乱す夜に彷徨う
 
 
しらじらと色を掬いあげ
 
幽かなひかり重ねくる朝
 
厳かに心の幕を上げる朝 
 
不安に満ちた夜を追いやり
 
確かに息吹く朝を迎える
 
 
此のひとときがあれば優しくなれる
 
歩いてきた道の小さな花たちに
 
おはようと声かけて
 
ありがとうと言えそうな気がする
 
時を得て知る七月も半ばに




 
 
阜可 忠
 
平成二十八年七月十一日
  1. 2016/07/11(月) 05:26:39|
  2. 壺中の天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ