FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

靱性

靱性




 
 
花の様なしなやかさが欲しい
 
風の様な気ままが欲しい
 
脆く崩れる私の感性に
 
靱性が欲しい
 
はなを見れば風を知る
 
雲を見れば横になる
 
無理をしないで受けとめる
 
のらりくらり三月もつきすえ




hukatadashi
 
平成二十八年三月三十一日
スポンサーサイト
  1. 2016/03/31(木) 00:41:47|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

偲び花

偲び花









詩をうたうる花のもと

眠たげに横たわる里山に

絵筆にきいろ含ませて

色をのせる菜の花に

染まるか踊るか白い蝶


想い出はいつも懐かしく

色枯れ知らずいきいきと

出逢えてよかった此の花に


時を離れても青春の

いまもこころに偲び花





芦野往人

平成二十八年三月三十日
  1. 2016/03/30(水) 21:07:37|
  2. | コメント:0

一分咲き

一分咲き










春の影は未だ長く

尾を曳いて桜並木に揺れる

人の群れに紛れもせず

一分咲きの花のみ惜しみゆく

あれが幻というなら

何処までも覚えていよう

あれが夢だと言うなら

いい加減に目覚めよと叩け

ぼんぼりに映せよ己が影




今は満開の便りも。

芦野往人
平成二十八年三月三十日
  1. 2016/03/30(水) 21:04:37|
  2. | コメント:0

春の小径

春の小径









春は武蔵野

雑木林へ導く小径あれば

笑顔を向ける白い花

陽だまりに寄り添い

風のように舞う人


春は武蔵野

雑木林を抜ける小径あれば

陽を暖かく身にまとい

れんげの中に腰を下ろし

花を編んで髪に結ぶ


春は武蔵野

考えてみれば寂しげに

陽炎の向こうに消える影

花の横顔のみ風に揺らして

次の春も此処に来たいと言う



芦野往人

平成二十八年三月三十日
  1. 2016/03/30(水) 09:00:49|
  2. | コメント:0

彩月

彩月




 
 
一年のときを待って
 
彩月を知ればさくらは咲く
 
はなびらに天を透かし
 
池を艶やかに染めて揺れ動く
 
喧騒を知るや知らず
 
何の迷うことがあろうか
 
一年の歳月は幹を太くして
 
彩月を知りただ一心に
 
咲いて散り舞い風の舟となる
 
己に何の悔いがあろう
 
人の喜怒哀楽の哀れさよ
 
はなの盛衰は時の流れ
 
彩月の螺旋階段を行く
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年三月三十日
 
 
  1. 2016/03/30(水) 08:28:05|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

緑影

緑影





 
 
梢く月はとまり
 
緑影を深くする
 
静寂をぬって梟のこえ
 
薄目開くキタキツネ
 
 
湖面に月降りて
 
緑影を揺らしている
 
悠久の時の真ん中




 
阜可 忠
平成二十八年三月二十九日
  1. 2016/03/29(火) 22:43:14|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

紫木蓮

紫木蓮










紫木蓮 咲く

十二単 身にまとい

紫木蓮 ひらく季節

十二単 一枚脱ぎさり

紫木蓮 白い肌をこぼす

平安の姫を今に見る想い



芦野往人

平成二十八年三月二十九日
  1. 2016/03/29(火) 20:34:44|
  2. | コメント:0

心に点す

心に点す





 
 
心に沁みてくる詩を読んだ
 
ひとつの灯が長―い影を落とす
 
実話を痛くなるほどなぞる灯
 
 
不覚にも涙を落とし
 
自分のあの時をそのまま重ねる
 
季節を過ぎて鎌倉の海に遊んだ日
 
とめる術を知らないまま夕陽が落ちていく
 
 
中野の狭い部屋の沢山の時間
 
クリスマスは小さなテーブルのケーキ
 
ベラフォンテのクリスマスソング
 
足にあなたを乗せてゆっくりと踊る
 
 
初詣は明治神宮から
 
砂利を踏む楽しげな音
 
何を祈っていたのかと問えば

内緒といって微笑むばかり
 
 
書き連ねればきりがない
 
あれもこれも覚めぬ夢に違いなく  
 
その次の次の年 あなたは故郷に帰った
 
東京駅で人目も無く声を上げて哭きながら
 
あなたのお嫁さんになれなくてごめんね
 
太ってほしいと言い残して
 
夜行寝台の大きな窓の奥の通路
 
あなたは蒼ざめて小さく手をふる
 
車内灯が音もなく哭いて零れた
 
 
 
その次の次の年あなたは嫁いでいったのだった
 
  1. 2016/03/28(月) 21:03:48|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春月想

春月想









都会の空の月は

数少ない星を従えている

さくら色した風が過ぎていく

靖国の森に開花のほころび

人の群れはまだまばら

雑踏に紛れる前のひととき

お殿様のような月の散策

昔のはなを偲んでそぞろに

侍者は遠慮して控えている




ashinoyukito


平成二十八年三月二十八日
  1. 2016/03/28(月) 20:02:31|
  2. | コメント:0

ここにいまも

ここにいまも









いますか ここにいまも

ドアを叩く風の音がする

いますよ ここにいまも

何処にも行かず ここに

何処にも行けず いまも


春が来たのも知っています

チェロの優しい問いかけは

物憂い朝に訪れる人

いますか ここにいまも

いますよ ここにいまも









芦野往人

平成二十八年三月二十八日
  1. 2016/03/28(月) 19:59:35|
  2. | コメント:0

大切な時間

大切な時間






 
 
赤ん坊が幼児期を抜け
 
少年らしくなった
 
のびのびと育っている
 
いっぱしのこと言って
 
いつ覚えたのか思慮深くもある
 
わたしの姿を言い当てて
 
逞しく思ったりドキッとしたり
 
三日前の電話で遊びに来たいという
 
もうすぐ大きな声で上がってくる
 
あと数時間で臨戦態勢となるのだ
 
大切な時間を待っている
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年三月二十八日
 
 
 
 
  1. 2016/03/28(月) 09:59:03|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

花誘い

花誘い





 
 
さくらからの誘い
 
気候も良し花もよし
 
酒酌もうじゃないか
 
 
幸せを覗きに行こうか
 
重い腰を上げかける
 
山男は今夜も飲んでいる
 
電話の向こうで幸せを肴に



 
阜可 忠
平成二十八年三月二七日
  1. 2016/03/27(日) 18:48:05|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一分咲き

一分咲き




 
 
春の影は未だ長く
 
尾を曳いて桜並木に揺れる
 
人の群れに紛れもせず
 
一分咲きの花のみ惜しみゆく
 
あれが幻というなら
 
何処までも覚えていよう
 
あれが夢だと言うなら
 
いい加減に目覚めよと叩け
 
ぼんぼりに映せよ己が影
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年三月二十八日
  1. 2016/03/27(日) 18:38:46|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の夢

春の夢









春の陽光に手を伸ばせば

幾つかの夢がはらはら降りる

いつかのいくつかの

ほろりはらりふたひら

頼りなげに降りるひととき


幻想と思い決めることも出来た筈

ただ空を見つめていたあの頃

涙で季節を見送った日々

雪の街に心を置いても

南の友と酒を酌んでも

ひとりになればより深く

あれはできそこないの夢

成就出来ない夢であれば

真実は分からないままに

不器用にはなれず此処に漂う




芦野往人
平成二十八年三月二十日
  1. 2016/03/27(日) 16:18:19|
  2. | コメント:0

春香

春香










見えますか あなた

指先に掴っている透明なわたし

風に迷い風に流され

覚束ない翅使いで此処まできて

睫毛の様な脚であなたの指先に

見えますか 透明なわたしを

聴こえますか あなた

わたしの小さな鼓動を









芦野往人

平成二十八年三月二十七日
  1. 2016/03/27(日) 16:14:53|
  2. | コメント:0

表現

表現


 
 
心動かされて写真を撮る人
 
面と色を巧みに扱う人
 
心に降りてくる音の人
 
引き込まれる文章を書く人
 
人それぞれの方法
 
人の数だけある表現
 
人柄を想像する楽しさ
 
しかしはたと考えてしまう
 
わたしは何を持っているのか
 
何を表現しているのか
 
ただ流される自分に唖然とする
 
やりきれなさに浮かび上がれず
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年三月二十七日
 
  1. 2016/03/27(日) 16:11:52|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不在

不在





 
 
酔うほどに想いは積もる
 
酒のあなたを飲み干して
 
恋の歌など口ずさむ
 
あの木の下に君はいないか
 
幻でもいいからここにきて
 
本当の幸せ見せてくれ

心を埋める覚悟する

眠気眼で僕は消えていく



 
阜可 忠
 
平成二十八年三月二十七日
  1. 2016/03/27(日) 04:28:20|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

此処に来る

此処に来る









苦しい時は此処に来る

嬉しい時にも此処に来る

追い込まれた時には此処に来る

自分を甘えさせに此処に来る

ひと恋しいままに書き連ね

遠くもなく近くもなく

遅くともなく早くもなく

何の気負いもなく

堕落する自分を肯定してみる

明日を語りに此処に来る

薄ぼんやりした陽炎のなか

明日がたとえ見えなくても

針金の先の蝶々が揺れていれば

薔薇の芽の一晩の伸びとに

こころをおとして解放する




芦野往人

平成二十八年三月二十六日
  1. 2016/03/26(土) 20:44:38|
  2. | コメント:0

逝った春

逝った春




 
 
逝った春を何度も見送った
 
見えなくなっても手を振った
 
いけば僅かな時間が
 
途轍もなく遠くに離す
 
数えてみればたった二度の春
 
三度目の春を見送った
 
逝った春を何度も見送った
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年三月二十五日
 
  1. 2016/03/25(金) 21:46:07|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春宵

春宵





 
 
紅い顔で覗く酔った月
 
春の宵は霞しとねの雲枕
 
下界近くの花見の声に
 
眠りさまされ弾かれて
 
片肘ついても外される
 
さいた 咲いたの心唄
 
花のお山から池之端
 
池面におちる酔った月
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブロ友のぼのぼの様のブログから紅い月をお借りして
 
阜可 忠
 
平成二十八年三月二十四日
 
  1. 2016/03/24(木) 10:32:06|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

風の色

風の色









冬逝けばここ

風を染める桜花

誰に誘われた訳もなく

海を渡り咲きに来る

想い出を 想い出は

ときを離れて連れてくる

あの日の風の色魅せて

いまのわたしを染めに来る










芦野往人

平成二十八年三月二十三日
  1. 2016/03/23(水) 22:57:14|
  2. | コメント:0

偲び花


偲び花
 
 
詩をうたうる花のもと
 
眠たげに横たわる里山に
 
絵筆にきいろ含ませて
 
色をのせる菜の花に
 
染まるか踊るか白い蝶
 
 
想い出はいつも懐かしく
 
色枯れ知らずいきいきと
 
出逢えてよかった此の花に 
 
時を離れても青春の
 
いまもこころに偲び花
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年三月二十三日
 
 
  1. 2016/03/23(水) 09:24:31|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

紫木蓮

紫木蓮




 
 
紫木蓮 ひらく季節
 
十二単 身にまとい
 
紫木蓮 艶めかしく
 
十二単 一枚脱ぎさり
 
紫木蓮 白い肌をこぼす
 
平安の姫君を今に見る想い
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年三月二十三日
  1. 2016/03/23(水) 00:14:49|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春の小径

春の小径



 
 
春は武蔵野
 
雑木林に入る小径あれば
 
笑顔を向ける白い花
 
陽だまりに寄り添い
 
風のように舞う人
 
 
春は武蔵野
 
雑木林を抜ける小径あれば
 
陽を暖かく身にまとい
 
れんげの中に腰を下ろし
 
花を編んで髪に結ぶ
 
 
春は武蔵野
 
考えてみれば寂しげに
 
陽炎の向こうに消えてゆく
 
花の横顔のみ風に揺らして
 
次の春も此処に来れるかと
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年三月二十二日
  1. 2016/03/22(火) 23:46:14|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春月想

春月想





 
 
都会の空の月は
 
数少ない星を従えている
 
さくら色した風が過ぎていく
 
靖国の森に開花のほころび
 
人の群れはまだまばら
 
雑踏に紛れる前のひととき
 
お殿様のような月の散策
 
昔のはなを偲んでそぞろに
 
侍者は遠慮して控えている
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年三月二十一日
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  1. 2016/03/21(月) 20:59:00|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

通りすがりの風

通りすがりの風








昨夜と今朝を繋ぐ風

夜通し歩いて眠い目を

ぐるぐる回しながら

わたしは通りすがりの風

ついお寄りしたあなたの窓辺

外はまだ冷たい雨で

あなたの帆杖が固まる

ふと見せるおさない眼差し

わたしはあなたに吹く風

季節のほころびを繕いながら

あなたの夢の中に忍びこんで

あなたの記憶を読み取ってみる

あのときの恋心は嘘ではなかった

聴こえますかチェロの囁き

ここを離れる時のさよならと

昨夜の夢を今朝のひかりに変える

わたしは通りすがりの風

縁も所縁もない所に吹いて行く








芦野往人

平成二十八年三月十二十一日
  1. 2016/03/21(月) 20:27:05|
  2. | コメント:0

ここにいまも

ここにいまも




 
 
いますか ここにいまも
 
ドアを叩く風の音がする
 
いますよ ここにいまも
 
何処にも行かず ここに
 
何処にも行けず いまも
 
 
春が来たのも知っています
 
チェロの優しい問いかけは
 
物憂げな朝に訪れる人
 
いますか ここにいまも
 
いますよ ここにいまも
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年三月二十日
 
 
 
 
  1. 2016/03/20(日) 20:58:27|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春の夢

春の夢



 
 
春の陽光に手を伸ばせば
 
幾つかの夢がはらはら降りる
 
いつかのいくつかの
 
ほろりはらりふたひら
 
頼りなげに降りるひととき
 
 
幻想と思い決めることも出来た筈
 
ただ空を見つめていたあの頃
 
涙で季節を見送った日々
 
雪の街に心を置いても
 
南の友と酒を酌んでも
 
ひとりになればより深く
 
あれはできそこないの夢
 
成就出来ない夢であれば
 
真実は分からないままに
 
不器用にはなれず此処に漂う
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年三月二十日
  1. 2016/03/20(日) 12:01:37|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この星のほかに

この星のほかに









この星のほかに行くところはない

わたしはこの星のこの街が好きだ

踏み荒らされて

焦土と化しても

わたしは此処のほかに行くところはない

四季が移れば違う色に染まる

わたしはこの星が好きだ

愚かな人がこころを踏みつけても

私達は乗り合わせた星から出ることは出来ない

誤った為政者の世界観から逃れる術を持たない

せめて事あるたびにノーと言おう

四季を愛することに変わりはない

次の季節の空を子供達に贈るために

この星のほかに住むところはないのだから



芦野往人

平成二十八年三月十九日
  1. 2016/03/19(土) 08:36:16|
  2. | コメント:2

カラオケ

カラオケ









歌のうまい女性と隣り合わせた

何とかというカラオケ連盟の六段

情感たっぷりに歌い上げる

上手い域を抜けてあまりある

わたしの歌を細かく評して言う

なるほど頷くことばかり

最後に一言 要は楽しめばよいと

誰でもが口にする安易な結論

無感動な冷たい雨の一日






芦野往人

平成二十八年三月十八日
  1. 2016/03/18(金) 21:11:43|
  2. | コメント:0
次のページ