FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

閏年二月最後の日

閏年二月最後の日









耳に馴染んだヴァイオリン演奏が

いつかピアノ幻想曲に変わる


耳に馴染んだあなたの声が

脳の奥にまで貼りついて

数十年の時を渡ってくる


あなたは季節の渡り鳥

遠くなる気配だけを残して

気丈に振舞いながら飛んで行く
海峡を渡る音になって


耳に馴染んだあなたのなまりが

雑踏に消えて雑踏に聴こえる

ヴァイオリンがピアノに変わっても

忘れる事のない声が聞こえてくる

何度目かの閏年二月最後の日

ビルの窓に花の香り残して



芦野往人

平成二十八年二月二十九日
スポンサーサイト



  1. 2016/02/29(月) 20:50:48|
  2. | コメント:0

別れのワルツ

別れのワルツ









好きだからこれ以上何もいうな

愛をくちに出せばすべてがおわる

疑えばすべてが嘘になる

辛さを秤にかけるなど愚かなこと

だから今は

時間が飛んで行かないように

真実だけを確かめて

ふたりの為に踊り続けよう

さよならの時の歩みを止めて

ささやかに踊る二月のワルツ



芦野往人

平成二十八年二月二十九日
  1. 2016/02/29(月) 20:47:09|
  2. | コメント:0

閏年二月最後の日

閏年二月最後の日



 
 
耳に馴染んだヴァイオリン演奏が
 
いつかピアノ幻想曲に変わる
 
 
耳に馴染んだあなたの声が
 
脳の奥にまで貼りついて
 
数十年の時を渡ってくる
 
 
あなたは季節の渡り鳥
 
遠くなる気配だけを残して
 
気丈に振舞いながら飛んでいく

海峡を渡る音になって
 
 
耳に馴染んだあなたのなまりが
 
雑踏に消えて雑踏に聴こえる
 
ヴァイオリンがピアノに変わっても
 
忘れる事のない声が聞こえてくる
 
何度目かの閏年二月最後の日
 
ビルの窓に花の香りして
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年二月二十九日
  1. 2016/02/29(月) 08:14:55|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

別れのワルツ

別れのワルツ




 
 
好きだからこれ以上何もいうな
 
愛をくちに出せばすべてがおわる
 
疑えばすべてが嘘になる
 
辛さを秤にかけるなど愚か
 
だから今は
 
時間が飛んで行かないように
 
真実だけを確かめて
 
ふたりの為に踊り続けよう
 
さよならの時の歩みを止めて
 
ささやかに踊る二月のワルツ
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年二月二十九日
 
 
 
  1. 2016/02/29(月) 00:12:19|
  2. 登美日抄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なあ

なあ









雨も上がったし風もやわらか

なあ ひと休みしようか

駿河湾を見下ろす半島の小山

梅の香りが零れてくる

湾は煌めいてすっかり春だ

小舟が海を分けていく

何処へいくのか想いを巡らし

来た路を振り返るのも良い

なあ ひと休みしようか

ふんわりお日様に包まれて

眼を細めれば遠くに見える

岩礁の天辺にやすむ海鳥みっつ

居眠りをしそうなこのひととき

なあ 青空を吸い込んでみようか







芦野往人

平成二十八年二月二十七日
  1. 2016/02/27(土) 23:15:41|
  2. | コメント:0

墨桜

墨桜
 
 
味わい深い夜が来る
 
眠れぬ夜も節目に迷う夜さえも
 
明ければあれもこれも消える夢
 
 
人生の何と刺激のある事か
 
感覚の鏡に零れて滲みる
 
永遠に咲く花は墨桜

上野のお山にしみじみと
 
夢にでてくる景色の懐かしき
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年二月二十七日
 
 
 
  1. 2016/02/27(土) 23:08:37|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピカソ

ピカソ








ピカソ展に出かけてみた

日本橋の街の変容に眩暈して

何処も変哲のない空を映している

つまらない絵写真を見るようで

行き交う人の歩みも機械の様だ

変わらないのはデパートの旗文字

ピカソまでも縮んで見える

あのとき覚えた感動は何処

いや ピカソは厳然として変わらず

縮んでいたのは私自身なのだ

丸善屋上のカフェも今はなく

小奇麗なカフェに変わっていた

ハヤシライスの匂いは昔の儘

珈琲を飲みホッとして店を出ると

若い頃の日本橋が蘇る少しだけ





芦野往人

平成二十八年二月二十五日
  1. 2016/02/25(木) 08:51:35|
  2. | コメント:0

渓流の春

渓流の春


 
 
凍てついた夜が剥がれて
 
融ける音がする幽かに
 
深山渓流の一滴
 
意地を張る冬の涙
 
認めざるを得ない時の流れ
 
頑なな想いにやわらかく
 
息を吹きかけて春は登る


 
 
阜可 忠

平成二十八年二月二十五日
  1. 2016/02/25(木) 08:46:15|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

夜を紡ぐ

夜を紡ぐ


 
 
眠れない夜は起きだして
 
ピアノ曲を小さく聴く
 
頼りなく揺れ動く心を
 
鎮めなだめる穏やかな波
 
なみだの代わりに言葉を紡いで
 
段々と墜ちていく詩の世界に
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年二月二十四日
  1. 2016/02/24(水) 00:56:56|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

三日月

三日月




 
 
とろーり闇をとかすような
 
早春のまどろみ
 
眠たげに細い月がめざめて
 
振り子を揺らし出発を知らせる
 
旧い三輪車にまたがるのは私
 
先導は白鳩で後詰は黒ガラス
 
白鳩は苦 苦 苦 苦労乗り越え
 
黒ガラスは振り返りかーこ かーこ
 
まだ暗い空に向かって羽を広げる
 
 
行く所は何千光年の先
 
未来を見るのか過去を手繰るのか
 
わたしの旅はいままた始まる
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年二月二十三日
  1. 2016/02/23(火) 09:15:34|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

列島の春

列島の春









自分の置き場所は何処

まだ雪深い山塊の頂き

崩れ堕ちる落ちる雪庇

癒えようとする心底に

熱い息吹を吹きかける

やっと目覚める兆はあるや

雪崩の先端に乗り一気に下る

はるか向こうの列島の片隅

いたずら風が撹拌する早春






芦野往人

平成二十八年二月二十三日
  1. 2016/02/23(火) 07:45:25|
  2. | コメント:0

さくらぼんぼり

さくらぼんぼり









日ごとに訪れる装い新たに

花の便りの懐かしく

早咲きさくらの薄明かり

人ごみさけてそぞろに歩く

河津の川面に心をおとす

染められながら染めてゆく

さくらぼんぼり揺らめいて





ブロ友様の河津桜映像を拝見し
伊豆河津桜を思い出す。


芦野 忠

平成二十八年二月二十二日
  1. 2016/02/22(月) 17:02:54|
  2. | コメント:0

さくらぼんぼり

さくらぼんぼり



 
 
日ごとに訪れる装い新たに
 
花の便りの懐かしく
 
早咲きさくらの薄明かり
 
人ごみさけてそぞろに歩く
 
河津の川面に心をおとす
 
染められながら染めてゆく
 
さくらぼんぼり揺らめいて
 
 
 
 
 
ぼのぼの様の河津桜を拝見し
伊豆河津桜を思い出す。
 
 
阜可 忠
平成二十八年二月二十二日
 
  1. 2016/02/22(月) 12:55:05|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

あなたに

あなたに


 
 
出逢ってくれてありがとう
 
巡り合わせてくれてありがとう
 
夢のような雲を歩く様な
 
たった一度だけの限られた時間
 
わたしを受け入れてくれた あなた
 
何もかもあなた色に染めたくて
 
いつもせがんだ あなたのうた
 
 
出逢ってくれてありがとう 
 
巡り合う不思議にありがとう
 
別れる事だけが約束されていても
 
悦びも悲しみも分かち合った時間
 
わたしを受け入れてくれた あなた
 
あの限られた人生のまたたき
 
ただ一つだけのわたしの誇り



 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年二月二十一日
 
  1. 2016/02/21(日) 21:34:25|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

なあ

なあ



 
 
雨も上がったし風もやわらか
 
なあ ひと休みしようか
 
駿河湾を見下ろす半島の小山
 
梅の香りが零れてくる
 
湾は煌めいてすっかり春だ
 
小舟が海を分けていく
 
何処へいくのか想いを巡らし
 
来た路を振り返るのも良い
 
なあ ひと休みしようか
 
ふんわりお日様に包まれて
 
眼を細めれば遠くに見える
 
岩礁の天辺にやすむ海鳥みっつ
 
居眠りをしそうなこのひととき
 
なあ 一休みしよう

寝転んで空を吸い込んでみようか
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年二月二十日
  1. 2016/02/20(土) 21:27:21|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ピカソ

ピカソ



 
 
ピカソ展に出かけてみた
 
日本橋の街の変容に眩暈して
 
何処も変哲のない空を映している
 
つまらない絵写真を見るようで
 
行き交う人の歩みも機械の様だ
 
変わらないのはデパートの旗文字

 
ピカソまでも縮んで見える
 
あのとき覚えた感動は何処
 
いや ピカソは厳然として変わらず
 
縮んでいたのは私自身なのだ

 
丸善屋上のカフェも今はなく
 
小奇麗なカフェに変わっている
 
ハヤシライスの匂いを確かめて
 
珈琲を飲みホッとして店を出る
 
若い頃の日本橋が蘇る少しだけ
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年二月二十日
  1. 2016/02/20(土) 10:34:36|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

情業

情業




 
 
情の深さは寂しさのゆえか
 
業の強さは心の弱さの裏返し
 
はなびらの風に揺れる様
 
捉えることが出来れば
 
業の海に惑うことは無かろうに
 
情の流れに迷うことは無かろうに
 
咲いて朽ちおちる時を知れば
 
なんの思い煩う危うげな哀れさよ
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年二月十九日
 
 
  1. 2016/02/19(金) 08:17:27|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

哀憐

哀憐









滔々と流れるのが愛ならば

僕は愛を知らない

激流を行くのが愛ならば

愛された記憶はない

愛の何たるかを未だ知らない

若過ぎたと君は言うが

恨み言ばかり並べて僕は

愛した記憶と

愛された記憶をたどっている

浮き沈みする時の流れの中に

無意味な問いかけをしたりする

君は哀憐の眼差しで応えない

赤裸々な記憶さえ薄れていく

流れに任せる小舟になりて

青いなあとひとこと





芦野往人

平成二十八年二月十八日
  1. 2016/02/18(木) 18:33:17|
  2. | コメント:0

恋情

恋情









今に昔の時間を映してみれば

梅の香りが導くあの頃へ

ゆうるりゆるり坂を登れば

むかしと変わらぬ匂いが残る


梅の花に今も残るよ膝枕

あなたの温もりそこここに

別れて哭くとは思いもせずに

笑いたわむれた花のもと


あれから数十年たったとて

髪の白さにきざまれる

忘れられないただ一つ

梅の花の香りの百草園



ブロ友様の百草園梅まつり

昔の記憶をしみじみと






芦野往人

平成二十八年二月九日
  1. 2016/02/18(木) 10:41:48|
  2. | コメント:0

芽吹き

芽吹き





 
 
行く冬の声の激しさに愕かない
 
心に氷柱を打ち込んでも
 
肩を激しくゆすっても怯えない
 
確実に変わる季節の谷間の風
 
息をひそめて芽吹こうとする
 
土の中から小さな手を合わせる
 
覗いている春のひかりに




 
 
阜可 忠

平成二十八年二月十八日
  1. 2016/02/18(木) 10:37:32|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

雪夜汽車

雪夜汽車









屋根に積もった雪を乗せて

北の駅に着く夜汽車に独り

想いを振り払えとばかり風の中

都会はなれて知らない土地の駅

地吹雪に身も心も隠されて

まっさらな雪野にしする旅

此のまま埋もれて果てるとも

生まれ変わることだと諭される







芦野往人

平成二十八年二月十七日
  1. 2016/02/17(水) 22:05:09|
  2. | コメント:0

金鉱

金鉱




 
 
厄介なものを背負い込んだものだ
 
棄てる訳にもいかず意識もせずに
 
組み込まれて維持しようとする
 
繰り返される悲喜こもごも
 
厄介なものを背負い込んだものだ
 
百のなかに一つの輝く物あれば
 
金鉱を掘りあてたというもの
 
それでも真の価値は遥か遠くに
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年二月十七日
 
 
 
 
 
  1. 2016/02/17(水) 10:11:19|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

純すぎて

純すぎて









冬の海は荒ぶれて磯に

雪まじりの風に身を晒す

臆病に震える訳でなく

立ち向かうには純すぎるだけ

身を守る術も知らず

人を傷つけるを恐れて

眠れぬ夜に自分を責める

吠えまわる風と波よ此の一夜

純すぎる心に穏やかな眠りを






芦野往人

平成二十八年二月十六日
  1. 2016/02/16(火) 21:28:16|
  2. | コメント:0

分身にも春

分身にも春



 
 
まだ早い春が窓を叩いてまわる
 
チューリップが目覚める音
 
苦しみも今は肯定して
 
悦び色にかえる胸の内
 
のた打ち回る分身の葛藤
 
全てを認める春の訪れ
 
塗り替えることが出来る
 
これからの一部でも
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年二月十六日
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  1. 2016/02/16(火) 10:08:41|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

春待

春待




 
 
春を待つ心は
 
にわかにざわついて
 
芽の膨らみを確かめる
 
春の気配すこしして
 
こえこそ晴れやかに
 
孫の来る日を指で折る
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年二月一四日
  1. 2016/02/14(日) 01:02:27|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

列島の春

列島の春






 
 
自分の置き場所は何処
 
まだ雪深い山塊の頂き
 
崩れ堕ちる落ちる雪庇
 
癒えようとする心底に
 
熱い息吹を吹きかける
 
やっと目覚める兆はあるや
 
雪崩の先端に乗り一気に下る
 
はるか向こうの列島の片隅
 
いたずら風が撹拌する早春
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年二月十三日
 
  1. 2016/02/13(土) 10:36:18|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

直球

直球





 
 
誤魔化しのきかない直球
 
真正面に受ければ心に刺さる
 
燃え盛る焔の中で
 
演じている独り芝居
 
饗宴のときは夜明けを待たず
 
ひとりさり二人去り
 
胸のあざは君の直球
 
ひりひりと透明な痛み
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年二月十二日
  1. 2016/02/12(金) 09:23:14|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬の花

冬の花









冬の花に何を見るか

可憐さ 哀しさ

健気さ 優しさ 逞しさ

人は冬の花に寄り添い

優しくなれると言うが


冬の花に何を見るか

斜めに見れば そのしたたかさ







芦野往人

平成二十八年二月十二日
  1. 2016/02/12(金) 09:07:28|
  2. | コメント:2

最中を食う

最中を食う









悟り者か愚かな鈍感者か

楽観主義者が最中を食う

病気をあれこれ推測して

悩んだのは数日前

ええいままよ 悩んでどうなる

人生なるようになる

人生なるようにしかならぬ

家内の非難の口を塞いで

最中の甘さに酔いしれる







ashinoyukito


平成二十八年二月十一日
  1. 2016/02/11(木) 05:38:18|
  2. | コメント:0

哀憐

哀憐





 
 
滔々と流れるのが愛ならば
 
僕は愛を知らない
 
激流を行くのが愛ならば
 
愛された記憶はない
 
愛の何たるかを未だ知らない
 
若過ぎたと君は言うが
 
恨み言ばかり並べて僕は
 
愛した記憶と
 
愛された記憶をたどっている
 
浮き沈みする時の流れの中に
 
無意味な問いかけをしたりする
 
君は哀憐の眼差しで応えない
 
赤裸々な記憶さえ薄れていく
 
流れに任せる小舟になりて
 
青いなあとひとこと
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十八年二月十一日
  1. 2016/02/11(木) 05:31:53|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ