鏡に映して

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

抱きしめる

抱きしめる








寒さを抱きしめると

心の腫れがひいてくる


求める物が多くなり

いつからか重くなり

夜になると腫れが酷くなる

眠る術を忘れてた長い夜


寒さを抱きしめると

心の腫れがひいてくる


寒さを抱きしめる

うなされて目覚めるたびに

優しく優しく抱きしめる

腫れた心が軽くなる

十一月最後の夜を抱きしめる





芦野往人

平成二十七年十一月三十日
スポンサーサイト
  1. 2015/11/30(月) 22:15:10|
  2. | コメント:0

我が友よ

我が友よ








喪中のはがきに君の名前

ショックで胸が痛い


30年以上の君との付き合い

神戸や明石の街に遊んだ夜

海の歌を繊細に豪快に歌う

その君が志半ばで逝って仕舞った

遺言も残さない急逝としり

関西の数少ない友人を悼んでいる


逢わないでいた十余年が悔やまれる

私より若いくせに先に逝った友よ

今は安らかに眠れ

神戸に向かって君の冥福を祈る

今は安らかに眠れと






芦野往人

平成二十七年十一月二十九日
  1. 2015/11/29(日) 12:10:13|
  2. | コメント:0

夜明かり

夜明かり









着物の裾から寒さがのぼる

夜明かり求める心の中を

口笛 風笛 嘆き笛

ひるる ひるると哭き渡る

お前幸せかと探りくる

お前の仕合わせ告げに来る

せめてもの救いと嘯いて

背中に貼り付ける夜明かり





あしのゆきと

平成二十七年11月二十九日
  1. 2015/11/29(日) 08:02:38|
  2. | コメント:0

雪野

雪野









同行者はいない

勝手に出かけたまま帰らない

夜行列車の夜は雪野を走る


雪の金沢

風の東尋坊

張りつめた永平寺の回廊

若い修行僧の声明


独り旅に冬は相応しい

雪をかぶり風にさらし

しみる革靴の情けなく


発作的に街を離れて

車窓の向こうに剥がれる灯り

同行者はいない

若い頃に旅をした記憶のこり

雪野をひた走る今も






芦野往人

平成二十七年十一月二十八日
  1. 2015/11/28(土) 10:57:27|
  2. | コメント:0

冬にこそ咲け

冬にこそ咲け









寒さが増して心が縮む季節

荒ぶる波に乗ってくる雪雲

襟を立てて寒風をやり過ごす


こんな時にこそ咲け

冬にこそ咲け

私の心の中の冬薔薇

指に息を吹きかける少女に

届け色鮮やかな花よ

誇り高く咲け冬薔薇


冬にこそ咲け

冬にこそ咲け

冬にこそ咲け

私の心の中の冬薔薇

雪野に咲きに行け

朽ちるを恐れずに咲け





芦野往人

平成二十七年十一月二十七日
  1. 2015/11/27(金) 22:00:33|
  2. | コメント:0

信州憧憬

信州憧憬









雪は降りたか

峰々は既に朝を弾いているか

東京は晴れていても寒い朝

想いは信州路を歩いている

山葵田の透き通ったせせらぎ


雪の頃に行こうか

杏の咲くころに行こうか

想いは信州路の空の下

雪雲が目隠しして

穂高連峰はあのあたり


雪はやんで峰の白ころも

信州路は慎みのむらさき

やわらかに時が流れていく

想像の旅をするわたしに

何処に行くでもなく此処に来る






ashinoyukito

平成二十七年十一月二十六日
  1. 2015/11/26(木) 11:12:04|
  2. | コメント:0

アヴェ・マリア

アヴェ・マリア









悶々として寝付けない夜

眠るには惜しいこんな夜

見渡せばとうに日を跨ぎ

冷気がじんと触れてくる


寝付けない夜を抜け出して

カッチーニを聴いている

雪のたよりに想いをよせる

糸をひくようなアヴェ・マリア


文字に出来ない振るえるもの

音も無く押し寄せて来る波

眠るには惜しいこんな夜

滲みてくるアヴェ・マリア






芦野往人

平成二十七年十一月二十五日
  1. 2015/11/25(水) 01:04:06|
  2. | コメント:0

白薔薇

白薔薇









ふっくらスカートを翻す

風から生まれて雲を曳く

永久の心を繋ぎおく


君に映りし白薔薇の

匂いは満ちる此の胸に

何処へも行くなと花に言う

季節が過ぎても此処にいる





芦野往人


平成二十七年十一月二十四日
  1. 2015/11/24(火) 10:03:18|
  2. | コメント:0

自転する闇

自転する闇









刻々と過ぎていく時間

闇に溶けて行くのが耐えがたい

起きだして交響曲を聴くこんな夜は

珈琲の湯気を傍らにくゆらせて

言葉を紡いでみるあれこれと

それから灯りを消して闇を愉しむ

感情のおもむくまま涙を落として

誰にも気取られず魂を抜く

自転する闇からの脱出





ashinoyukito

平成二十七年十一月二十三日
  1. 2015/11/23(月) 01:56:32|
  2. | コメント:0

執着

執着








雨滴の一つに過ぎない

薔薇の花脈を滑り地にしみる

循環の中の有り触れた情景

抗する事は意味のないこと

執着の連鎖を断ち切る決意

雨滴が映す逆さま姿

誤解と思い込みに過ぎない

実体のない廃墟を迷い歩く





芦野往人

平成二十七年十一月二十二日
  1. 2015/11/22(日) 00:57:59|
  2. | コメント:0

雨過の虹

雨過の虹









ここに生あればこそ

辛い想いを乗り越えてきた

あなたの心に咲く花あれば

ひととき身を委ね

衣の隅々に花の匂い留めて

訪れる冬は春の支度する

小さな温もりを抱きしめて

雨過の虹に向かって歩もうとする











ashinoyukito


平成二十七年十一月十九日
  1. 2015/11/19(木) 09:34:40|
  2. | コメント:0

イルミネーション

イルミネーション









大きな街を飾りたてる

小さな街の夜を隠す

埋め尽くす無機質なひかり

星座は視界を遠く離れ

思考は雑踏に紛れ

影のようにただ蠢く黒虫

ひたすら与えられ失っていく

大きな街から小さな町まで

いつわりの光あふれ

闇をとさつする哀しさ




ashinoyukito

平成二十七年十一月十八日
  1. 2015/11/18(水) 09:50:26|
  2. | コメント:0

優曇華の花

優曇華の花









庭の薔薇に優曇華の花

細絹に吊り下げられている

クサカゲロウの卵の神秘

このまま冬を越して

春には花ひらくのか

今は儚げに見えてもやがては

薄緑の透き通った翅で

待つ人の基へ飛ぶと言う






阜可 忠

平成二十七年十一月十七日
  1. 2015/11/17(火) 01:02:16|
  2. | コメント:0

メトロノーム

メトロノーム









人として生まれ

想い合う人と出逢いながら

時の僅かな違いに翻弄される

出逢えた事を可とするか

事故に遭った事とするか

模索する心の愚かさ


メトロノームのように振れる

秋薔薇ひとつ雨の中に







芦野往人

平成二十七年十一月十五日
  1. 2015/11/15(日) 02:29:45|
  2. | コメント:0

寝癖白髪

寝癖白髪









可笑しくもあり踊る髪をみて

哀しくもあり鏡に映して


跳ね上がる髪を押さえては

小さな指先で摘まんで笑う

髪はあらぬ方向に立ち上がる


可笑しくもあり白髪の狂舞

哀しくもありしみじみと見る







ashinoyukito

平和二十七年十一月十三日
  1. 2015/11/13(金) 09:54:55|
  2. | コメント:2

命ありや

命ありや









季節の移ろいは匂い立つ木々の命

季節の移ろいはめでて花の咲く

季節の移ろいは梢の雲の行方

季節の移ろいは芒の原の月あかり

季節の移ろいは雪を迎える装いを

季節の移ろいは魅入る年を重ねる

季節の移ろいは各もやさしく

季節の移ろいは時に残酷に

問うて記憶に残す命ありやと







芦野往人

平成二十七年十一月十日
  1. 2015/11/10(火) 23:13:21|
  2. | コメント:0

秋から冬へ

秋から冬へ









街路樹から秋の陽が洩れる

プラタナスが感傷を鳴らす

短い秋は忍び足で訪れて

急ぎ足でこの地を去る


病院へ向かう人の白いかげ

秋から冬にむかって歩く

植え込みの中に残る緑葉に

ほそい雨が滲みていく







芦野往人

平成二十七年十一月十日
  1. 2015/11/10(火) 19:12:40|
  2. | コメント:0

愛しきは

愛しきは









私の心の中の我儘君

勝手に棲みついて

振り返りもせず出ていく

旅が好きで花の頃に

雲が好きで空が好きで

雪が好きで海が好きで

風の流れに聞き耳を立てる


私の心の中の気まぐれ君

この季節 何処を旅しているのか

秋が過ぎて冬が来て

花の咲くころに帰るか

私の心の中の我儘君

気まぐれ笑顔で帰りこい

残した時間を連れにこい




ashinoyukito

平成二十七年十一月九日
  1. 2015/11/09(月) 22:37:53|
  2. | コメント:0

咲ける日

咲ける日










秋の深まりに君は咲こうとする

時を待ってゆるり

たっぷりと君に浸かりたい

蒼空は碧いし雲は水面に墜ちる


うつむくなわたしの夢よ

千切れ雲の鼻歌まじり

いつかかなう私の夢よ

咲ける日がくる季節がくれば





ashinoyukito

平成二十七年十一月八日
  1. 2015/11/08(日) 20:14:05|
  2. | コメント:2

杣道に秋は

杣道に秋は









感じるままに言葉の種類が増える

人を好きになり言葉が増えた

自然の営みに言葉がふるえた


言葉少なに歩いた林道

青い空に届く峰々を見たとき

沢沿いの杣道の苔の匂い

口づけして飲む岩の水の清さ


時に流された言葉たち

歳を経るごとに棄ててきた感覚

失われた赤裸々な言葉たち

語りきれないあの一日

杣道に秋は零れているか




芦野往人

平成二十七年十一月八日
  1. 2015/11/08(日) 01:27:12|
  2. | コメント:0

ナタリーを聴きながら

ナタリーを聴きながら









俯かないで僕の薔薇よ

短すぎる陽光を嘆くな

哀しみは僕が全て持っていく


ナタリーを聴きながら

お前を胸に広げている

俯かないで僕の朱い薔薇

咲けるだけ咲いていてくれ

せめてこの歌が終わるまで









芦野往人

平成二十七年十一月七日
  1. 2015/11/07(土) 20:23:36|
  2. | コメント:0

風邪

風邪









いつの間にか忍びこむ

背筋に冷たい手が触れる

朝から晩まで激しい咳

肺が破れて笛が鳴る

青い咳が部屋に貼りついて

何の楽しみも消え果るかと


薔薇の蕾が一つ開いて

床を離れる誘いかと







ashinoyukito

平成二十七年十一月七日
  1. 2015/11/07(土) 01:11:08|
  2. | コメント:0

きっぱりと

きっぱりと









きっぱりと冬は来るのか

花は散り 人は去り

甘い吐息を凍らせる

きっぱりと冬は来るのか

背中に寒さ乗せていく

こころに黒白つきつける



芦野往人

平成二十七年十一月三日
  1. 2015/11/03(火) 20:51:55|
  2. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。