鏡に映して

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自己嫌悪

自己嫌悪










これも偽善

欺瞞で築かれた支え

真の糧はあらずして

草の種を食むばかり

之もまた偽善

自己嫌悪に眠れずに

綴る言葉もまたまやかし

哀しむべきは此処にいる事





芦野往人

平成二十七年十月二十九日
スポンサーサイト
  1. 2015/10/29(木) 20:54:33|
  2. | コメント:0

軒雀

軒雀










肩をすぼめ翼丸めて

耐える木枯らし

庇い合い羽を寄せて

軒下にやすむ者たち


飛んで押し戻され

錐もみして墜ちる

野に草の実は零れる

啄む夢のなかの語らい







芦野往人

平成二十七年十月二十八日
  1. 2015/10/28(水) 10:06:10|
  2. | コメント:0

つぶやき

つぶやき








冷たい風が騒ぎまわり

前触れも無く冬が来た夜

秋薔薇はまだ小さなつぼみ

恨み言いって振るえてる

他の花に捉われた訳も無く

冴えわたる月に射ぬかれて

膝の痛みに冬を知る






ashinoyukito


平成二十七年十月二十七日
  1. 2015/10/27(火) 09:57:35|
  2. | コメント:0

絵画館の路

絵画館の路









鴨の水かき

ひと吹き風に乗り

散策の路を埋める

歩幅そろえてひととき

絵画館へ真っ直ぐに続く路

カッフェの薄明かり

都会の秋は色褪せる事無く

季節を偲ばせる心の奥に





芦野往人

平成二十七年十月二十七日
  1. 2015/10/27(火) 02:12:58|
  2. | コメント:0

透明に

透明に









つまみを回して音をおとす

秋の朝に別れ歌は辛いから

ひと時のこころを粉にして

透明になれと水に流す。

幽かに朱く染まり

青い空よりおりしもの

あわせれば透明になれるか

言葉の深さを忘れて

初雪をみつめる北の便り








芦野往人

平成二十七年十月二十六日
  1. 2015/10/26(月) 13:55:07|
  2. | コメント:0

流星

流星










望むなら

私の短い時間を上げよう

闇に宿る露でよければ

短すぎると嘆かなければ

一瞬の輝きで良いと言うなら


望むなら

瞬きする間を惜しんで

見つめてごらん

夜空をはしる光の舟に

わずかな時間の全てをのせて

今ここに降りてくると







芦野往人

平成二十七年十月二十六日
  1. 2015/10/26(月) 13:52:30|
  2. | コメント:0

夢の外

夢の外









現なる声か風か振り向けば

幽かに聞こえる息遣い

懐かしさに心を留める

抱きしめようとすれば

腕の間をすり抜ける

姿とどめず風ばかり





芦野往人

平成二十七年十月二十五日
  1. 2015/10/25(日) 22:42:19|
  2. | コメント:0

秋の朝

秋の朝









悲観するでもなく

歓喜するでもなく

淡々とすり抜ける風を見る

追う事も無く

追われることも無く

過ぎた時間だけ深くなる海

過ぎていく時間だけ広がる空

思惑にゆれて訪れるものは幻

明日を誰も見たことは無い

確かなのは日常の目覚め

朝の冷気にこころを晒す






芦野往人

平成二十七年十月二十四日
  1. 2015/10/24(土) 18:42:01|
  2. | コメント:0

久しぶりに

久しぶりに










逢いたい人と逢えた

話したい人と話せた

毎年少なくなる出席者

時を手繰り寄せ時を埋めて

変貌を指さして笑い合う

髪が薄くなったり白くなったり

皴は増えても瞳は少年少女

みんな平等に年を取りながら

面影の中にあこがれた人を探す


それぞれの人生を歩んできて

この席に名前を告げる悦びあれば

逢いたい人に逢えた

話したい人に逢えた

久しぶりに






芦野往人

平成二十七年十月二十三日
  1. 2015/10/23(金) 21:42:18|
  2. | コメント:0

蕎麦を食う

蕎麦を食う









病院の帰りに蕎麦を食う

藍染めの暖簾は変わらない

板場から親父が顔を出す

暫くですねえ 如何してました?

生きてるよ この通り

死んだと思っていたのかい

いやあそんな事とんでもねえ

短い言葉のやり取りが良い

長くちゃいけねえ 蕎麦が伸びちまう


この店に通ってかれこれ二十年

我が家から一時間 病院通いの楽しみだ

この前の大地震も蕎麦を食っていた

凄まじい揺れで蕎麦どころではない

慌てて親父たちと外に出た

家の軋む音 タクシーが跳ね上がる


それ以来この蕎麦屋とはお読みの通り

冒頭に書いた会話に蕎麦も天ぷらも旨い






芦野往人

平成二十七年十月二十二日
  1. 2015/10/22(木) 00:11:43|
  2. | コメント:2

こころ

こころ









しぼんだりふくらんだり

何もかも呑み込んで時を重ねる

意味があっても無くても

甘んじて受け入れる

ほんの少し自分を生きたかなあ

好きな曲も聴いた

佳い詩読も読んだ

うまい酒も飲んだ

良い奴とも出逢った


数えれば満更でもないなあ

まあ良しとするか

しぼんだりふくらんだり

愛しい私のこころに







芦野往人

平成二十七年十月二十一日
  1. 2015/10/21(水) 03:07:21|
  2. | コメント:0

雲釣り

雲釣り









棹はピクリともしない

荒川の土手に腰かけて

のんびり雲を釣っている

対岸を走る高速道路

秋の陽をキラリ弾く車たち

モールス信号を送っている

釣りに飽いて寝転べば

テグスが雲を曳いている




芦野往人

平成二十七年十月二十日
  1. 2015/10/20(火) 09:03:16|
  2. | コメント:0

ひんやり

ひんやり









横たわる団栗の群れ

情熱を凝固させて

土塊を枕にやすむ

冷静に時を見つめ

繋がれてきた営みに

身を委ね朽ちることなく

ひんやり息をしている





芦野往人

平成二十七年十月十九日
  1. 2015/10/19(月) 13:06:36|
  2. | コメント:0

八ヶ岳秋径

八ヶ岳秋径









落葉松林の秋をゆく

八ヶ岳のふもとを黄に燃やす

歩ゆめばかさこそ囁きかける

落葉松林を行く風が

あのままあの時連れてくる

秋を描きこむキャンバスに

想い出色を流し来る

県界尾根を行く人は

落葉松色に染まりゆく






芦野往人

平成二十七年十月十八日







  1. 2015/10/18(日) 21:24:28|
  2. | コメント:0

君におはよう

君におはよう









まだ君は目覚めぬか

秋のひかりは訪れて思案気

まぶたにそっと触れて

目覚めの時を知らせる

片目だけでも開いてごらん

穂高連峰に蒼空が登れば

朝の清気が溶けてくる

まだ君は目覚めぬか

肺の隅々まで空を吸い込めば

ひとみが澄みきって深くなるよ




芦野往人

平成二十七年十月十五日
  1. 2015/10/16(金) 07:31:20|
  2. | コメント:0

一厘咲かせて

一厘咲かせて










一粒の種がおちてきた

疲れた心に墜ちてきた

何処から来たのか知らない

どんな色なのかわからない

大地は広く大きいのに

おりたのは一握りの土塊のうえ

不運を嘆く様子も無い種

暖かい土を一掴みかけて上げた

眠れ 花の咲く季節まで

どんな花でもよい

小さくても一厘だけでいい

疲れた心に咲いてくれたら

愉しい話をしてあるいて行こう

地図はいらない



芦野往人

平成二十七年十月十五日
  1. 2015/10/15(木) 02:14:26|
  2. | コメント:2

秋の海

秋の海









何を見ていたのだろう

詩人の心におちるものは

何を感じていたのだろう

磨かれた言葉が空気をゆする


僕はふと旅に出る

詩人の心の白い波の言葉と

雲を曳いてゆく釣り船と

海を分けていく海鳥の群れ


牧水の海は穏やかで

詩人の心を漂わせている

絡み合った釣糸が

ころころ走る十月の海







芦野往人

平成二十七年十月十三日
  1. 2015/10/13(火) 20:30:37|
  2. | コメント:0

写秋

写秋









こころ穏やかな日

やわらかな日差し

睫毛にとまる微かな風

いわし雲の解けるさま

秋の陽を弾く水面

白鳥のボートに興じる親子

秋はやってきたばかりで

蒼空を高くしている





芦野往人

平成二十七年十月十二日






  1. 2015/10/12(月) 22:21:14|
  2. | コメント:0

秋の陽

秋の陽









秋の陽に抱かれて

初恋はいつも微睡む

物憂げに波の音

此の儘の時を寝転んで

風の囁きに髪がほつれて

ひかりを弾く金の糸

永久の先までの記憶に






芦野往人

平成二十七年十月十一日
  1. 2015/10/11(日) 23:25:37|
  2. | コメント:0

私の絵

私の絵









一刻 あなたに心あずけ

一刻 あなたの心あずかる

重なりあって白に成り得るか

混じりあって黒に成り得るか

色光の三原色

色料の三原色

悦びはあなた色のパレット

哀しみはわたし色のキャンバス

悦びと哀しみの配合

完成しない一枚の私の絵







芦野往人

平成二十七年十月十日
  1. 2015/10/10(土) 06:50:46|
  2. | コメント:0

現世

現世









物も言わず突然消えた

雲に隠れた晴れ間のように

抗することなく埋もれていく

駆けよれば足をすくわれる

有史以前に計画されて今に至る

現実だけが勝ち誇る哂い

現世はまぼろし

ながすぎるまぼろし






芦野往人

平成二十七年十月九日
  1. 2015/10/09(金) 00:57:27|
  2. | コメント:0

月光

月光









月は雲に覆われて

失くした時間を尚隠す

零れた想いを掬うより

今より先の花の愛おしさ

ほつれげ直す白い指先に

甘える仕草がみえかくれ

明日にはきっと降りてくる

月のひかりに透けてくる

ぼんやり光る雲の中







芦野往人

平成二十七年九月二十六日
  1. 2015/10/06(火) 02:16:25|
  2. | コメント:0

雨上がりの朝

雨上がりの朝









雨上がりの朝

温もりが目覚めて薔薇の若葉

葉脈の谷を滑り降りていく

成就されなかった想いの屍

まだ残る温もり抱いて

秋の陽はゆるり滲みてくる

雨上がりの朝






ashinoyukito

平成二十七年十月二日
  1. 2015/10/02(金) 09:01:17|
  2. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。