FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

星座物語

星座物語









居直る事の出来ない不器用なこころ

時がさらさらと砂におちてゆく

地球の反対まで滲みこんで

天におちてゆく時の名残

ささやかな光となり留め置かれて

あなたの星座とならん

いつの日か語る時がくるまで




芦野往人

平成二十七年六月二十九日
スポンサーサイト
  1. 2015/06/29(月) 21:31:06|
  2. | コメント:0

星座物語

星座物語
 
 
居直る事の出来ない不器用なこころ
 
時がさらさらと砂におちてゆく
 
地球の反対まで滲みこんで
 
天におちてゆく  時の名残
 
ささやかな光となり留め置かれて
 
あなたの星座とならん
 
いつの日か語る時がくるまで




阜可 忠
 
平成二十七年六月二十九日
  1. 2015/06/29(月) 21:06:05|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雑踏空間

雑踏空間









語らいのひとときは過ぎ

新宿の街をふらり歩いてみる

刺激的な色彩だけが脳に響く

虚しくも哀しい雑踏空間

落とし零されるそれぞれの事情

過ぎ去った日々が刻まれて

若い日のふたり とめられる

消えそうで消えない残像

古いフランス映画を見るような

時を戻す音のない雑踏をひとり






芦野往人

平成二十七年六月二十八日
  1. 2015/06/28(日) 23:41:08|
  2. | コメント:0

雑踏空間

雑踏空間




 
 
語らいのひとときは過ぎ
 
新宿の街をふらり歩いてみる
 
刺激的な色彩だけが脳に響く
 
虚しくも哀しい雑踏空間
 
落とし零されるそれぞれの事情
 
過ぎ去った日々が刻まれて
 
若い日のふたり とめられる
 
消えそうで消えない残像
 
古いフランス映画を見るような
 
時を戻す音のない雑踏をひとり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十七年六月二十八日
  1. 2015/06/28(日) 23:36:30|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

若い仙人

若い仙人





 
 
山が好きでお酒が好き
 
歳は私の約半分
 
正義感が強く頑固性
 
理論家で人情家
 
愛すべき好人物
 
酔えば不器用に歩を運ぶ
 
白髭をつければ都会の仙人 
 
仙人と酌む酒はいつもうまい
 
 
久しぶりの宴は新宿
 
夕方5時から八時まで
 
料理と飲み放題で四〇〇〇円
 
さて、現代の仙人と会話をしよう
 
朴訥な話し方はぼくを酔わせる
 
たったひとりだけ我が師匠
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十七年六月二十七日
  1. 2015/06/27(土) 04:38:34|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

若い仙人

若い仙人










山が好きでお酒が好き

歳は私の約半分

正義感が強く頑固性

理論家で人情家

愛すべき好人別

酔えば不器用に歩を運ぶ

白髭を点ければ都会の仙人

仙人と酌む酒はいつもうまい


久しぶりの宴は新宿

夕方5時から八時まで

料理と飲み放題で四〇〇〇円

さて、現代の仙人と会話をしよう

朴訥な話し方はぼくを酔わせる

たったひとりだけ我が師匠





芦野往人

平成二十七年六月二十七日
  1. 2015/06/27(土) 04:36:52|
  2. | コメント:0

香り

香り









訪れるひとの気配して

零れくる花の香りひとつまみ

眠れぬ夜に言葉に乗せて放つ

想いこころに留めると今こそ

薔薇の棘に架けて知らしめる

穏やかであれと祈る

こころのあるところ此処に





芦野往人

平成二十七年六月二十六日
  1. 2015/06/26(金) 01:03:55|
  2. | コメント:0

香り

香り




 
 
訪れるひとの気配して
 
零れくる花の香りひとつまみ
 
眠れぬ夜に言葉に乗せて放つ
 
想いこころに留めると今こそ
 
薔薇の棘に架けて知らしめる
 
穏やかであれと祈る
 
こころのあるところ此処に




 
阜可 忠
 
平成二十七年六月二十六日
  1. 2015/06/26(金) 01:01:55|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4













こころに栓をする

情が零れて消えないように

夕焼けに溶けて惑わないように

こころに栓をする

想いが逃げて行かないように

傷つくことに怯えて

壊れることを恐れて

少しばかりの誇りのために





芦野往人

平成二十七年六月二十五日
  1. 2015/06/25(木) 10:22:33|
  2. | コメント:0

雨の花

雨の花









突き刺さすように雨がふる

静寂を引き裂く音とひかり

怒りにも似た歓喜あふれくる

その身に受けて咲く雨の花

しなやかに色をながし

静寂を繕って咲く雨の花

優しくなれる夜半の雨も





芦野往人

平成二十七年六月二十四日
  1. 2015/06/24(水) 04:18:12|
  2. | コメント:0

雨の花

雨の花





 
 
突き刺さすように雨がふる
 
静寂を引き裂く音とひかり
 
怒りにも似た歓喜あふれくる
 
その身に受けて咲く雨の花
 
しなやかに色をながし
 
静寂を繕って咲く雨の花
 
優しくなれる夜半の雨も
 
 
阜可 忠 

平成二十七年六月二十四日
  1. 2015/06/24(水) 04:14:42|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Four Seasons ~ Vivaldi

Four Seasons ~ Vivaldi









なぜあなたは隣にいないのか

なぜあなたは隣にいないのか

灯りを消してこの曲を聴いている

辛い事があるわけではない

哀しい事があるわけではない

悦びに酔いしれているわけではない

ただ泣けて仕方がないのだ

何故こんなに涙が出るのだ

なぜあなたは隣にいないのか

小鳥のように振るえている私を

暗闇に心つかまれて

一面のひかりに打ちのめされて

訳も無く泣けてくる私の

なぜあなたは隣にいないのか

あの短い夜のように此処にいて

無言のまま心に触れてほしい

あなたが此処にいない不思議



ashinoyukito

平成二十七年六月二十二日 夏至
  1. 2015/06/22(月) 20:53:27|
  2. | コメント:0

Four Seasons ~ Vivaldi

Four Seasons ~ Vivaldi



 
 
なぜあなたは隣にいないのか
 
なぜあなたは隣にいないのか
 
灯りを消してこの曲を聴いている
 
辛い事があるわけではない
 
哀しい事があるわけではない
 
悦びに酔いしれているわけではない
 
ただ泣けて仕方がないのだ
 
何故こんなに涙が出るのだ
 
なぜあなたは隣にいないのか
 
小鳥のように振るえている私を
 
暗闇に心つかまれて
 
一面のひかりに打ちのめされて
 
訳も無く泣けてくる私の
 
なぜあなたは隣にいないのか
 
あの短い夜のように此処にいて
 
無言のまま心に触れてほしい
 
あなたが此処にいない不思議


 
 
阜可 忠
 
平成二十七年六月二十二日 夏至
  1. 2015/06/22(月) 20:47:02|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5





 
 
こころに栓をする
 
情が零れて消えないように
 
夕焼けに溶けて惑わないように
 
こころに栓をする
 
想いが逃げて行かないように
 
傷つくことに怯えて
 
壊れることを恐れて
 
少しばかりの誇りのために




阜可 忠
 
平成二十七年六月二十日
  1. 2015/06/20(土) 23:51:05|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

詩集は今

詩集は今









消えてしまった 此処からあなたは

告げることもなく消えてしまった


あなたの詩が好きなの

以前からずーっと

詩集を注文します

届きました

大切にしますと言いおいて


突然あなたは消えてしまった

辛い私生活の影を残して

あなたは消えてしまった

消える事を知っていたら

詩集を贈ってあげればと悔やまれる


あの詩集はあなたの元にあるだろうか

心に残る詩はあっただろうか

確かめる術は此処に無い

せめて健やかであれと祈るだけ





ashinoyukito


平成二十七年六月十九日
  1. 2015/06/20(土) 20:34:21|
  2. | コメント:0

薔薇の苑

薔薇の苑









愚かにも咲かせようとする

埋もれようとする薔薇の花

新しい花壇に植土をいれて

薔薇の記憶を植え付ける

ひとつしか咲けない小さな庭に

朱い薔薇をひとつ

白い薔薇をひとつ

わたしの最後の薔薇の苑として





芦野往人

平成二十七年六月十九日
  1. 2015/06/19(金) 20:24:30|
  2. | コメント:0

詩集は今

詩集は今


 
 
消えてしまった 此処からあなたは
 
告げることもなく消えてしまった
 
 
あなたの詩が好きなの
 
以前からずーっと
 
詩集を注文します
 
届きました
 
大切にしますと言いおいて
 
 
突然あなたは姿を消した
 
辛い私生活の影を残して
 
あなたは消えてしまった
 
消える事を知っていたら
 
詩集を贈ってあげればと悔やまれる
 
 
あの詩集はあなたの元にあるだろうか
 
心に残る詩はあっただろうか
 
確かめる術は此処に無い
 
せめて健康であれと祈るばかり




阜可 忠 
 
平成二十七年六月十九日
  1. 2015/06/19(金) 18:42:48|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

花菖蒲の時

花菖蒲の時









徒に時が過ぎる

あの日から壊れたままの時計

不規則に時を刻んでいる


徒に時は過ぎる

花菖蒲楚々と咲ききたる

有限の時を飾りくる





芦野往人

平成二十七年六月十八日
  1. 2015/06/18(木) 21:36:14|
  2. | コメント:0

薔薇の苑

薔薇の苑



 
 
愚かにも咲かせようとする
 
埋もれようとする薔薇の花
 
新しい花壇に植土をいれて
 
薔薇の記憶を植え付ける
 
ひとつしか咲けない小さな庭に
 
朱い薔薇をひとつ
 
白い薔薇をひとつ
 
わたしの最後の薔薇の苑として




阜可 忠
 
平成二十七年六月十八日
  1. 2015/06/18(木) 21:21:24|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ひたすら

ひたすら








雲を梳くひかり

雨を抜けてくるひかり

花を滑るひかり

ひたすら優しさだけを求め

ひとかけらの欲も無く

ひたすら優しくあれ

たとえば此のひかりの様な





芦野往人

平成二十七年六月十六日
  1. 2015/06/16(火) 17:56:20|
  2. | コメント:0

花菖蒲の時

花菖蒲の時



 
 
徒に時が過ぎる
 
あの日から壊れたままの時計
 
不規則に時を刻んでいる
 
 
徒に時は過ぎる
 
花菖蒲楚々と咲ききたる
 
有限の時を飾りくる




阜可 忠
 
 
平成二十七年六月一五日
 
  1. 2015/06/15(月) 02:31:34|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

紫陽花路

紫陽花路









紫陽花色の雨となる

山電車の停車場の

蛇の目の傘に花模様

来た路をなぞる眼差しに

映るは何処の紫陽花路

辿りつけはしなくとも

想いを繋げて消える雨








芦野往人

平成二十七年六月十五日
  1. 2015/06/15(月) 01:31:10|
  2. | コメント:0

ひたすら

ひたすら



 
 
雲を梳くひかり
 
雨を抜けてくるひかり
 
花を滑るひかり
 
ひたすら優しさだけを求め
 
ひとかけらの欲も無く
 
ひたすら優しくあれ
 
たとえば此のひかりの様な



 
阜可 忠
 
平成二十七年六月十四日
  1. 2015/06/14(日) 02:23:46|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

散華

散華









つちくれに咲き

つちくれに墜ちる

黒地の衣の裾飾り

水面を行くのは赤い舟

雨を乗せては流れゆく

行き着く所を問いもいせず

ゆるりあなたを夢にして





芦野往人

平成二十七年六月十一日
  1. 2015/06/13(土) 18:42:09|
  2. | コメント:0

紫陽花路

紫陽花路





 
 
紫陽花色の雨となる
 
山電車の停車場の
 
蛇の目の傘に花模様
 
来た路をなぞる眼差しに
 
映るは何処の紫陽花路
 
辿りつけはしなくとも
 
想いを繋げて消える雨





 
阜可 忠
 
平成二十七年六月十三日
  1. 2015/06/13(土) 10:26:03|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ごろた石

ごろた石









ごろた石を敷き詰めて

薔薇の香りを閉じ込める

此処に咲いた薔薇の記憶

迷い人の墓碑として

単独峰を示すケルン

ごろた石を染めくゆる香り



芦野往人
平成二十七年六月十三日
  1. 2015/06/13(土) 05:44:44|
  2. | コメント:0

赤い薔薇

赤い薔薇










ビロードで作ったくちびる

風がなぞれば目を閉じる

黒味を帯びた真っ赤な薔薇

梅雨の合間の蒼空に

はりついた一輪の思い





芦野往人
平成二十七年六月十一日
  1. 2015/06/11(木) 11:15:03|
  2. | コメント:0

散華

散華






 
 
つちくれに咲き
 
つちくれに墜ちる
 
黒地の衣の裾飾り
 
水面を行くのは赤い舟
 
雨を乗せては流れゆく
 
行き着く彼の地を問いもせず
 
ゆるりあなたを夢にして




 
阜可 忠
 
平成二十七年六月十一日
  1. 2015/06/11(木) 10:21:42|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

闇烏

闇烏









静寂を曳いて烏が行く

寝付かれないまま巣をはなれ

自分を捜して飛んでいる

カアともギャアとないても

闇にまぎれて見つからない

哀しいと哭いても気が付かない

寂しいと哭いてもこたえない

闇がまたひとつ深くなる




芦野往人

平成二十七年六月九日
  1. 2015/06/09(火) 17:44:27|
  2. | コメント:0

別れ

別れ










送られる人も

見送るこころも

別れの時の避けられない想い

二度とない出会いと別れなら

乗り越えてみせると嘯く

握る拳に血をしたたらせて

雨音さえも染め抜いた

たった一度の恋と知らされて

いま懐かしくも哀しく

見送るのは嫌と言う君の文






芦野往人

平成二十七年六月七日
  1. 2015/06/08(月) 21:29:53|
  2. | コメント:0
次のページ