FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

 子供の様に

 子供の様に









誰か来ておくれよ

ピアノの演奏を聴いて

心に穴があいて涙が零れる

誰か掬っておくれよ

子どもの様にふるえて

人恋しいこんな夜

感動がまだ治まらない僕を






                藍の波

                平成二十五年七月三十日
スポンサーサイト
  1. 2013/07/30(火) 01:44:20|
  2. | コメント:0

 子供の様に

 子供の様に
 
 
 
 
 
 
 
誰か来ておくれよ
 
ピアノの演奏を聴いて
 
心に穴が開いて涙が零れる
 
誰か掬っておくれよ
 
子どもの様にふるえて
 
人恋しいこんな夜
 
感動がまだ治まらない僕を
 
 
 
 
 
 
 
         阜可 忠
 
        平成二十五年七月三十日
  1. 2013/07/30(火) 01:39:50|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

 朝

 朝












朝は血圧を記録して

4枚切りの食パンを一枚

カリッと焼いて

苦めのコーヒーの湯気

トマトを唇のように吸って

あれこれ考えを巡らす

変哲のない日常が回りだす






         藍の波

        平成二十五年七月二十八日
  1. 2013/07/28(日) 08:28:01|
  2. | コメント:0

 朝

 朝
 
 
 
 
 
 
朝は血圧を記録して
 
4枚切りのパンを一枚
 
カリッと焼いて
 
苦めのコーヒーの湯気
 
トマトを唇のように吸って
 
あれこれ考えを巡らす
 
変哲のない日常が回りだす 
 
 
 
 
 
        阜可 忠
 
        平成二十五年七月二十八日
  1. 2013/07/28(日) 08:26:33|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

 咲き残り

 咲き残り







文字に刻み込んだ想い

有り触れた非日常

時に紛れて

半分になり四半分になる

零にならない半減期

僅かばかりの咲き残り









           藍の波

           平成二十五年七月二十八日


  1. 2013/07/28(日) 04:07:07|
  2. | コメント:0

 咲き残り

 咲き残り
 
 
 
 
 
 
 
文字に刻み込んだ想い
 
有り触れた非日常
 
時に紛れて
 
半分になり四半分になる
 
零にならない半減期
 
僅かばかりの咲き残り
 
 
 
 
 
 
 
        阜可 忠
 
     平成二十五年七月二十八日
 
 
  1. 2013/07/28(日) 04:05:11|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

 線をひく

 線をひく











白紙に横線を端までひく

遠くに見える地平線

地平線にきえる二本線

歩いてきた道

歩いて行く道



白紙に横線を端までひく

遠くに見える水平線

水平線に消える海路

何本も横線をいれて

超えてきた小さな波

超えていく大きな波







        藍の波

       平成二十五年七月二十七日

  1. 2013/07/27(土) 02:52:36|
  2. | コメント:0

 線をひく

 線をひく
 
 
 
 
 
 
白紙に横線を端までひく
 
遠くに見える地平線
 
地平線にきえる二本線
 
歩いてきた道
 
歩いて行く道
 
 
白紙に横線を端までひく
 
遠くに見える水平線
 
水平線に消える海路 
 
何本も横線をいれて
 
超えてきた小さな波
 
超えていく大きな波
 
 
 
 
 
 
        阜可 忠
 
        平成二十五年七月二十七日
 
  1. 2013/07/27(土) 02:47:44|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

 人模様

 人模様









窓際のテーブルに頬杖ついて

すれ違い合う人の群れを見ている

さめた珈琲そのままに眺めている

背中にしがらみの糸が見える

絡み合って流れていく

都会の孤独を癒す人模様

仕付け糸を結んで私も泳ぎだす







              藍の波

             平成二十五年七月二十六日
  1. 2013/07/26(金) 09:42:54|
  2. | コメント:0

 人模様

 人模様
 
 
 
 
 
 
 
窓際のテーブルに頬杖ついて
 
すれ違い合う人の群れを見ている
 
さめた珈琲そのままに眺めている
 
背中にしがらみの糸が見える
 
絡みあって流れていく
 
都会の孤独を癒す人模様
 
仕付け糸を結んで私も泳ぎだす
 
 
 
 
 
           阜可 忠
 
            平成二十五年七月二十六日
  1. 2013/07/26(金) 09:41:08|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

 ピアノ 

 ピアノ 









ピアノの音よ堕ちないで

咲いたまま花びらがひとひら

またひとひら堕ちるような

生身の体を裂くような

涙をくだいてまくような

ピアノの音よ堕ちないで

遠い昔に堕ちないで








      ピアノ演奏 近藤嘉宏さんを聴いて


               藍の波

               平成二十五年七月二十五日
  1. 2013/07/25(木) 19:14:57|
  2. | コメント:0

 ピアノ 

 ピアノ
 
 
 
 
 
ピアノの音よ堕ちないで
 
咲いたまま花びらがひとひら
 
またひとひら堕ちるような
 
生身の体を裂くような
 
涙をくだいてまくような
 
ピアノの音よ堕ちないで
 
遠い昔に堕ちないで
 
 
 
 
 
 
 
     ピアノ演奏 近藤嘉宏さんを聴いて
 
 
        阜可 忠
 
        平成二十五年七月二十五日
  1. 2013/07/25(木) 13:15:14|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

 冥府の先

 冥府の先










愛好は個人的なこと

誰にも強いられず其処に至る

誰にも遮られずここに至る

葛藤の海を渡り

離れているから想いをやれる

別れたから大切にできる

いまだから寄り添える

愛憎も寂しさも冥府の先まで





           藍の波

          平成二十五年七月二十四日
  1. 2013/07/24(水) 08:03:36|
  2. | コメント:0

 冥府の先

 冥府の先
 
 
愛憎は個人的なこと
 
誰にも強いられず其処に至る
 
誰にも遮られずここに至る
 
葛藤の海を渡り
 
離れているから想いをやれる
 
別れたから大切にできる
 
いまだから寄り添える
 
愛憎も寂しさも冥府の先まで
 
 
 
 
 
 
           阜可 忠
 
          平成二十五年七月二十四日
  1. 2013/07/24(水) 08:00:38|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

 しない

 しない










もうゲームはしない

勝ち目のない心のやり取り

堕ちて知る傷のふかさ

女ってそんなに綺麗じゃない

その言葉が今さらに重い

もうゲームはしない

不器用なこころが堕ちるから






           藍の波

           平成二十五年七月二十四日
  1. 2013/07/24(水) 01:19:22|
  2. | コメント:0

 しない

 しない
 
 
 
 
 
 
もうゲームはしない
 
勝ち目のない心のやり取り
 
堕ちて知る傷のふかさ
 
女ってそんなに綺麗じゃない
 
その言葉が今さらに重い
 
もうゲームはしない
 
不器用なこころが堕ちる
 
 
 
 
 
          阜可 忠
 
          平成二十五年七月二十四日
  1. 2013/07/24(水) 01:17:22|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

 愛

 愛











愛を語るには若過ぎる

言葉をなくして僕は彷徨う

あれ以来そのままの姿

空白欄に言葉を嵌めている


愛を語るには老いすぎる

夢の中はそのままの姿

もう遅い 遅すぎる

みつけた言葉に意味も無く





          藍の涙


         平成二十五年七月二十二日
  1. 2013/07/22(月) 21:15:10|
  2. | コメント:2

 愛

 愛
 
 
愛を語るには若過ぎる
 
言葉をなくして僕は彷徨う
 
あれ以来そのままの姿
 
空白欄に言葉を嵌めている
 
 
愛を語るには時間がたち過ぎた
 
夢の中でそのままの姿
 
もう遅い 遅すぎる
 
みつけた言葉に意味も無く
 
 
 
          阜可 忠
 
         平成二十五年七月二十二日
  1. 2013/07/22(月) 21:13:29|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

 古い服

 古い服
 
 
 
 
棄てられない服
 
想いでいっぱいの服
 
時代に合わない服
 
体型に無理な服
 
脱ぐことのできない服
 
心の中のたった一着
 
鏡に映り確かめる失笑
 
 
 
 
 
        阜可 忠
 
        平成二十五年七月二十二日
  1. 2013/07/22(月) 10:18:46|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

 風鈴

 風鈴


口をとがらせて息を吹く

小さな音がチリチリ

風さん遊びに来てね

風鈴さん 風を誘ってね

短冊がゆるり帆のように揺れて

チリーン チリリーン

風鈴と風の仲良しさん





             藍の波

             平成二十五年七月二十二日
  1. 2013/07/22(月) 08:20:26|
  2. | コメント:0

 風鈴

 風鈴
 
 
 
 
口をとがらせて息を吹く
 
小さな音がチリチリ
 
風さん遊びに来てね
 
風鈴さん 風を誘ってね
 
短冊がゆるり帆のように揺れて
 
チリーン チリリーン
 
風鈴と風の仲良しさん
 
 
 
 
 
         阜可 忠
          平成二十五年七月二十二日
  1. 2013/07/22(月) 08:18:42|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

夏薔薇(なつそうび)

夏薔薇(なつそうび)











朝から強い日差しを受けて


健気に咲いたなつそうび


白いフリルのブラウスに


透けて揺れるよ天使の様に


荒んだ心に舞い降りる


一輪だけのなつそうび











         藍の波

         平成二十五年七月二十日
  1. 2013/07/20(土) 21:54:31|
  2. | コメント:0

夏薔薇(なつそうび)

夏薔薇(なつそうび)
 
 
 
 
 
朝から強い日差しを受けて
 
健気に咲いたなつそうび
 
白いフリルのブラウスに
 
透けて揺れるよ天使の様に
 
荒んだ心に舞い降りる
 
一輪だけのなつそうび
 
 
 
 
 
         阜可 忠
 
        平成二十五年七月二十日
  1. 2013/07/20(土) 21:32:15|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

 人生の付箋

 人生の付箋






深々とソファーに腰を据えて

硝子に映る蛍光灯を見つめる

鍵盤が上下して胸を叩く

麻薬を知るわけも無くこの音は

痛い記憶を甘くしている

僕は付箋付に余念がない

意味も無く過ぎる日を留めるため

硝子の向こうを覗いて回る

付箋のレ点をまた一つ外していく

深々とソファーに腰を据えて

満更でもない人生ににっこり








              藍の波

             平成二十五年七月十九日





  1. 2013/07/19(金) 22:49:06|
  2. | コメント:0

 人生の付箋

 人生の付箋
 
 
 
 
 
 
深々とソファーに腰を据えて
 
硝子に映る蛍光灯を見つめる
 
鍵盤が上下して胸を叩く
 
麻薬を知るわけも無くこの音は
 
痛い記憶を甘くしている
 
僕は付箋付に余念がない
 
意味も無く過ぎる日を留めるため
 
硝子の向こうを覗いて回る
 
付箋のレ点をまた一つ外していく 
 
深々とソファーに腰を据えて
 
満更でもない人生ににっこり
 
 
 
 
          阜可 忠
 
          平成二十五年七月十九日
 
 
 
 
  1. 2013/07/19(金) 22:46:28|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

 美しい人

 美しい人
 
 
 
 
 
 
美しい人あり
 
人を思い遣る人
 
教養に裏打ちされた品性
 
多数にくみせず自分を持ち
 
愛すべき好奇心と向上心
 
四季の移ろいに微かな吐息
 
美しい日本語を慈しみ
 
人を思い遣る人
 
 
 
 
 
       
       阜可 忠
 
      過去詩 平成二十四年六月十日
  1. 2013/07/18(木) 21:49:56|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

 白い太陽

 白い太陽
 
 
 
事もなげに医師はいう
あの時もさらっと言った
罹病の確率は一割だったはず
何もしなくても十年は生きる
私は最新の施術を選んだ
 
 
悪びれず医師は言う
3年過ぎて
あの時もさらっと言った
転移しています
注射と薬で進行を抑えると
 
 
長生きを望むわけではない
花も見た恋もした
可愛い天使との出会い
苦楽十分に堪能した人生
しかし怯えてふるえる
痛いのには耐えらない
 
 
馴染んだ口調で医師は言う
昨日は冗談まじりに
たまたまを取る方法もあると
薬の副作用も費用も改善すると
 
 
こころの副作用が頭を過ぎる
役に立たない煩悩
地下鉄の駅に向かう道
真新しい病棟を振り返る
背中にへばりつく白い太陽
 
 
 
 
 
         阜可 忠
 
         過去詩 平成二十四年六月九日
  1. 2013/07/18(木) 21:45:08|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

 花の舟

 花の舟








薔薇の花びらが一片

するりと降りる

衣を浮かべて舟となる

微かな吐息に水面をすべる

暮雨に彩をながして

一粒のこころの行くところ




           過去詩より

           藍の波


  1. 2013/07/18(木) 21:42:30|
  2. | コメント:0

 白い太陽

 白い太陽



事もなげに医師はいう
あの時もさらっと言った
罹病の確率は一割だったはず
何もしなくても十年は生きる
私は最新の施術を選んだ


悪びれず医師は言う
3年過ぎて
あの時もさらっと言った
転移しています
注射と薬で進行を抑えると


長生きを望むわけではない
花も見た恋もした
可愛い天使との出会い
苦楽十分に堪能した人生
しかし怯えてふるえる
痛いのには耐えらない


馴染んだ口調で医師は言う
昨日は冗談まじりに
たまたまを取る方法もあると
薬の副作用も費用も改善すると


こころの副作用が頭を過ぎる
役に立たない煩悩
地下鉄の駅に向かう道
真新しい病棟を振り返る
背中にへばりつく白い太陽





        藍の波 

      過去詩 平成二十四年六月九日


  1. 2013/07/18(木) 21:37:18|
  2. | コメント:0

美しい人

美しい人








美しい人あり

人を思い遣る人

教養に裏打ちされた品性

多数にくみせず自分を持ち

愛すべき好奇心と向上心

四季の移ろいに微かな吐息

美しい日本語を慈しみ

人を思い遣る人






            藍の波


  1. 2013/07/18(木) 21:34:22|
  2. | コメント:0
次のページ