FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

香あそびに似て K225

香あそびに似て
 
 
 
 
 
風をいれる前の
 
ラベンダーの部屋
 
あなたの匂い聞いている
 
リボン結びに包まれる
 
 
いる気配する朝の窓
 
招き入れる雨上がりの風
 
季節残りの匂い手繰る
 
香あそびに似て
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成23年7月31日
スポンサーサイト
  1. 2011/07/31(日) 06:32:14|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

腹痛 K224

腹痛
 
 
 
 
何が起こっているのか
 
手のひらできいてみる
 
薄ら冷たい腹のあたり
 
ぐるぐると蛇の八曲り
 
痛みに触れて思い出す
 
母の手の暖かさ
 
魔法の呪文がほしい
 
あの夜 あの時のように
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成23年7月29日
  1. 2011/07/29(金) 23:29:12|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

余韻芳潤 K223

余韻芳潤
 
 
 
 
 
滔々と命つながれて
 
庭に咲く薔薇の花
 
芳潤のかおり漂い
 
旦夕のため息を誘う
 
掛け替えない出逢の時
 
芳香を分かつ人に
  
永遠なれと心に秘める
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成23728
  1. 2011/07/28(木) 22:13:24|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薔薇語り K222

薔薇語り
 
 
 
 
 
 
記憶の底から染まり出る
 
泉のなかの花のいろ
 
初めて出会う匂いする
 
白いばらの楚々姿
 
深紅の薔薇の哀しさに
 
ふと振り返る道しるべ
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成23726
  1. 2011/07/26(火) 22:35:21|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薔薇の苑 K221

薔薇の苑
 
 
 
 
 
 
 
匂いくる朝の薔薇の苑
 
淡交のひかりに吐息もらす
 
花あかり撮んで偲ぶ人ありて
 
遠く離れたかの人に
 
おくりとどける薔薇の苑
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成23726
  1. 2011/07/26(火) 22:03:10|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薔薇小舟 K220

薔薇小舟
 
 
 
 
 
そのまま眠りに堕ちて
 
薔薇の小舟にゆられる
 
薄い花びらの一枚帆
 
月の静かな夜
 
花びらの穏やかな波
 
あなたを秘めて漂いゆく
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
平成23724
  1. 2011/07/24(日) 06:11:21|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薔薇吐息 K219

薔薇吐息
 
 
 
 
 
 
さりげない時の流れ
 
薔薇にとまる早朝の霧雨
 
窓辺に頬杖の少女
 
憂いに吐息ひとつ
 
薄く紅をとく花びら
 
やわらかい爪を合わせるように
 
霧雨をこばむ花ありて 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成23723
  1. 2011/07/23(土) 05:46:49|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芳香 K218

芳香
 
 
 
 
 
 
 
荒々しく踏み鳴らし
 
白髪を逆立てる
 
怯える者を更に食らい
 
癒える筈もない痛みに
 
哀しみの慟哭を与える
 
 
 
小さな体に温もりよせて
 
耐える者たち
 
翻弄されても誇り高く
 
明日は漕ぎ出そうとする
 
懐かしい芳香を束ねて
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成23720
  1. 2011/07/21(木) 22:58:36|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蓮 K217

 
 
 
 
 
 
闇を透かして浮かび来る
 
蓮の花に浄化されて
 
不忍池を渡ってくる風
 
生まれたばかりのひかりに
 
蓮の花が密かに開くとき
 
朝の清風が絶えぬ間に
 
転がる露に映るとき 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月十七日()
  1. 2011/07/17(日) 09:30:56|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先生 K216

先生
 
 
 
 
 
 
 
先生がおもむろに口を開く
 
若かった頃の先生がそこにいて
 
遠くを見るように語る
 
くぼんだ目の中の過ぎ去った日々
 
先生の真っ白なハンカチ
 
しみじみと目頭を押さえ
 
大切にたたんで胸に仕舞っている
 
教え子は言葉なく見詰めている 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月十六日()
 
  1. 2011/07/16(土) 21:18:18|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有限の時 K215

有限の時
 
 
 
 
 
 
 
時と時を繋ぐ音がする
 
不安を刻む音がする
 
自分の中で増殖して
 
内包する自分でないもの
 
対峙して見詰める
 
自分の中の自分
 
怯えることはない
 
有限の時を食べてきて
 
食い尽くすまで生きてみる
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月十六日()
  1. 2011/07/16(土) 20:41:31|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

火の鳥 K214

火の鳥
 
 
 
 
 
 
 
 
天空を覆う炎の翼
 
吐息に影が燃え上がる
 
羽ばたけば砂塵があがる
 
空気は煮えたぎり
 
肺を焼き尽くす
 
収まらない天地の怒り
 
人智の及ばぬところ
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月十五日()
  1. 2011/07/15(金) 07:31:26|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思いやり K213

思いやり
 
 
 
 
 
 
 
大切なのは思いやり
 
伝わらない哀しさ
 
曲げて取られて惑う
 
思いやりが足りなかった
 
真意を伝える難しさ
 
思いやりの難しさ
 
無力を知らされた時
 
今となってはただの弁解と化す
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月十三日()
  1. 2011/07/13(水) 22:21:26|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森の音 K212

森の音
 
 
 
 
 
 
 
初めて聞いた森の音
 
靄を抜けてくるひかり
 
野鳥たちはとうに目覚め
 
朝の挨拶に余念がない
 
 
 
初めて聞いた森の音
 
動き出す泉の小さな流れ
 
しなやかなハープの曲線
 
朝日が弾くためらいもなく
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月十三日()
  1. 2011/07/13(水) 07:42:19|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時の目印 K211

時の目印
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時をするりとぬけてくる
 
節目節目に時の目印
 
覚えておきたいあのこと
 
忘れ去りたいあのこと
 
今では足りる指の数ほど
 
知らない間に千切れて消えた
 
蜘蛛の子のようにやってきて
 
風にのって旅してる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月十二日()
  1. 2011/07/12(火) 08:02:05|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

涼風 K210

涼風
 
 
 
 
 
 
 
日射し未だ収まらぬ夏の午後
 
風が抜き去り振り返る
 
運河を渡りながら
 
汗ばんだ身体に触れる
 
木陰に濾過される風
 
公園を走り抜ける自転車
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月十一日()
  1. 2011/07/11(月) 20:35:06|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頭痛 K209

頭痛
 
 
 
 
 
 
 
 
腰から落ちて頭を打った
 
脳が揺すぶられて前頭が痛む
 
頭の半分がこぶになった
 
頸は痛いが吐き気はない
 
最近の記憶は消えてはない
 
忘れたいことも切れてはいない
 
変哲のない日常が今日も始まる
 
どこからか聞えてくる「明日は?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月十一日()
  1. 2011/07/11(月) 08:50:28|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あんどん祭り K208

あんどん祭り
 
 
 
 
 
 
北の街通り
 
鮮やかに染めて浮かびくる
 
あんどんまつり
 
重厚な準備あればこそ
 
裏の彩にまで手をつくす術
 
晴れがましく誇らしく
 
学舎を出て街区を染め歩く
 
慈しみ見守る夏のよる
 
人の心に沁みていく
 
永劫の時を刻むあんどん祭り
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月八日()
  1. 2011/07/08(金) 20:32:54|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひかり舟 K207

ひかり舟
 
 
 
 
 
 
 
 
天空に出でし二つのひかり
 
音のない星間を縫い合わせ
 
渦巻く銀河の奇跡信じる
 
ひかり舟 時を旅して
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月七日()
  1. 2011/07/07(木) 22:22:32|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

星の川 K206

星の川
 
 
 
 
 
 
 
小さな笹舟に想いを乗せる
 
見えぬ今宵の星の川
 
機織りの音に恋し人の名
 
一夜の逢瀬をいつくしみ
 
確かめ語る言葉の少なく
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月七日()
  1. 2011/07/07(木) 20:15:30|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バンドル K205

バンドル
 
 
 
 
 
 
 
香り豊かにただよう
 
リボン織込んだラベンダー
 
糸のように立ち上り
 
ひかりの間に浸みていく
 
書棚においたバンドル
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月七日()
 
  1. 2011/07/07(木) 10:12:54|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガラスペン K204

ガラスペン
 
 
 
 
 
 
 
指に馴染むやさしさ
 
ペン先を上がるインク
 
静かに落ちる沢のように
 
白い紙に降りる
 
あおいくものいと
 
しなやかな氷上の軌跡
 
魅せられて想いを知る
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月七日()
 
  1. 2011/07/07(木) 06:56:40|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宵惑い K203

宵惑い
 
 
 
 
 
 
 
面倒がられて惑う夏の宵
 
ひらひらと舞い去りて
 
積乱雲のかなた
 
雷鳴にこころ安まらず
 
待つ人を哀しませる
 
羽の音の消えて
 
立ちつくす宵惑い
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月五日()
  1. 2011/07/05(火) 19:08:08|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水宇宙  K202

水宇宙
 
 
 
 
 
プールの底に波が映っている
 
燦めいてゆらゆらと
 
そは幻の水宇宙の中
 
同じ文様はなく
 
ただ揺らめいて遊んでいる
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月五日()
  1. 2011/07/05(火) 18:56:46|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

耳栓 K201

耳栓
 
 
 
 
 
 
 
この世を上手く泳ぐのは苦手
 
水の中では尚のこと
 
息継ぎに耳から水が入る
 
死ぬ想いはいつも変わらない
 
人は器用に泳いでいる
 
明日のために耳栓を求める
 
少しは器用に泳げるか
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月五日()
 
  1. 2011/07/05(火) 18:44:21|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月薔薇

 
 
 
星見えぬ 夜に漂う月薔薇の
 
     匂いきららに髪をかざりて
 
 
 
 
 
 
 
 
 
             阜可 忠
 
       平成二十三年七月四日()
 
  1. 2011/07/04(月) 23:18:47|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こころ音 K200

こころ音
 
 
 
 
 
 
 
繊細に銀の弦は張られ
 
天の薄いところから
 
微かに囁くこころ音
 
手のひらに転がせば
 
分子が震えているような
 
天使の羽のドルイドベル
 
目を閉じて耳を澄ませて
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月三日()
  1. 2011/07/03(日) 04:39:06|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美しすぎて K199

美しすぎて
 
 
 
 
 
 
君は美しすぎて
 
ほたるを指にとめる
 
匂い舞う夏の宵めぐり
 
忘れそうなときの流れ
 
ひたむきに生きてきて
 
彩が漂う夏の宵めぐり
 
君は美しすぎて
 
ほたるを指にとめる
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月三日()
  1. 2011/07/03(日) 04:01:05|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

理解者  K198

理解者 
 
 
 
 
 
絵を見るように文字を読む
 
ときめきを捉え
 
透明なカンバスに色を流す
 
共有する自由な世界
 
ほたるのせにつかまって
 
風船をおうように
 
帆船に時をのせてゆらり 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月二日()
  1. 2011/07/02(土) 05:16:23|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生を受けて K197

生を受けて
 
 
 
 
 
 
梅雨明けを知らせる夕立
 
七月最初の日がやってきた
 
この世に生を受けた生まれ月
 
煩悩の坩堝に涙を混ぜてきた
 
融かされぬ出逢いと別れ
 
我儘な自分がいつもいて
 
それでも愛おしいいのち
 
薔薇の匂いを少しだけ頂いて
 
そっと触れた風に流してみる
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年七月一日()
  1. 2011/07/01(金) 01:55:06|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0