FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

夕立 K196

夕立
 
 
 
 
 
 
 
 
黒い雲に風まじり
 
夕立が舗道を叩く
 
雨が足下から上に降りつける
 
駆けて逃げていく人
 
空を見上げて雨宿りする人
 
髪を直すショウウィンドウ
 
いなびかりの走る街
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月三十日()
スポンサーサイト



  1. 2011/06/30(木) 18:18:52|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

報われし時 K195

報われし時
 
 
 
 
 
唯一つの音を求め続けて
 
言葉の鍵盤をはじいてきた
 
えらばれた音に仕合せ忍ばせて
 
二羽の燕の訪れ
 
新しい命の気配感じさせて
 
咲き競う薔薇のシンフォニー
 
報われし時を厳かに噛みしめて
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十九日()
 
  1. 2011/06/29(水) 21:12:11|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

闘病の部屋 K194

闘病の部屋
 
 
 
 
 
 
 
骨が挫屈する少女がいた
 
骨が壊れていく病
 
立てない歩けない身体
 
両親の遺伝子を受け継いでいる
 
生まれてから一五年
 
病院の天井しか見たことがない
 
綺麗に澄んだ大きな目
 
利発さがほとばしる
 
「どうして産んだんだ」
 
身体の不自由な両親に投げつける
 
あれから二〇年以上が過ぎた
 
母親の悲しい顔が浮かんでくる
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十九日()
  1. 2011/06/29(水) 02:43:04|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フクシア  K193

フクシア
 
 
 
 
 
 
色に想いを紡ぐ花
 
糸吊り人形が揺れるさま
 
薔薇の匂いに紛れずに
 
フクシアの花が咲いている
 
霧雨染めてとびまわる
 
繋いだ少女の夢ひとつ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十八日()
 
 
  1. 2011/06/28(火) 21:27:57|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秘める夜 K192

秘める夜
 
 
 
 
 
 
 
 
都会に薄墨が流される
 
夜を演出するものたち
 
黒はね妖しく舞う前に
 
やがて来るだろう喧噪をさけて
 
池之端を行く人のかげ
 
明日の朝に残す語らい
 
うすい夢を織込んで
 
秘める夜のひととき
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十八日()
  1. 2011/06/28(火) 08:45:13|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安寧の朝 K191

安寧の朝
 
 
 
 
 
 
朝のひかりにくるまれ
 
浅い眠りから覚める頃
 
やがて来るだろう喧噪をさけて
 
訪れる安寧のひとときに
 
想いを残す透ける月
 
ビルの隙間に満ちる朝
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十八日()
  1. 2011/06/28(火) 08:29:50|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手品 K190

手品
 
 
 
 
 
 
 
ハンカチを無造作に丸めて
 
白い鳩を飛ばす
 
不器用に羽ばたく白い薔薇
 
 
心を自然に丸めて薔薇一輪
 
ためてきた言葉をそえる
 
君の胸の中に薔薇よ咲け
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十七日()
 
  1. 2011/06/27(月) 10:13:14|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誰も来ない夜 K189

誰も来ない夜
 
 
 
 
 
 
誰も来ない夜
 
墨を流した様な不安
 
議論を重ねた旧友は何処
 
徹夜で語り合った詩論
 
作家になると言って
 
数十冊の創作ノート
 
きらり光るものを其処に見た
 
先に世に出た方が引っ張り上げる
 
今では  その約束も虚しい
 
誰も来ないこんな夜
 
お前の大学ノートを読んでみたい
 
酒を酌み交わしながら
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十六日()
  1. 2011/06/26(日) 20:25:41|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愚直 K188

愚直
 
 
 
 
 
 
 
 
不器用に生きる
 
手にしたもので
 
愚直に生きる
 
命ある愛すべきもの達
 
自然の息吹のなかで
 
愚直なまでに一直線
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十六日()
  1. 2011/06/26(日) 05:28:03|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛おしき  K187

愛おしき
 
 
 
 
 
 
 
何の感慨もなく過ぎる
 
ひとつぶの時が落ちる
 
次のひとつぶが膨らんで
 
ながれる絹につながれる
 
向うの空をうつしゆく
 
時の移ろいの愛おしき
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十五日()
  1. 2011/06/25(土) 22:48:46|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古刹  K186

古刹
 
 
 
 
 
 
 
鎌倉に独り
 
あじさいの雨が零れる
 
歌碑の文字をたどるゆび
 
踏み石に古を偲んで
 
古刹の山門に注ぐ雨
 
蛇の目の音の懐かしく
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十五日()
  1. 2011/06/25(土) 22:00:37|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鎌倉の海  K185

鎌倉の海
 
 
 
 
 
 
 
日がな一日鎌倉の海
 
沖合を行く小さな舟
 
陽光をさいて航跡がきらり
 
帆に風をはらんだヨット
 
入道雲を膨らませてきらり
 
波の合間のガラス片
 
空を切り取ってきらり 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十五日()
  1. 2011/06/25(土) 21:36:33|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほたる  K184

ほたる
 
 
 
 
 
 
 
降りてくる月の光
 
ひかり織るほたる
 
軌跡を指でなぞって
 
愛の文字を読む
 
沢音だけが身に浸みてくる
 
残されたあと半刻ばかり
 
この河原に寝ころんで
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十五日()
 
 
 
  1. 2011/06/25(土) 20:22:31|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

杉木立  K183

  杉木立    
 
(遠い夏の日の山行)
 
 
 
 
 
 
 
 
道はいつか藪に覆われていた
 
先行く人の踏み跡は見えない
 
曇り空のように覆い尽くす藪
 
足は宙をさまよい
 
遭難の二文字が頭を過ぎる
 
遠くに沢の音を聴き
 
藪こぎの果て沢沿いの径に出る
 
視界が開ける杉木立
 
太陽が覗いている杉木立
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十五日()
 
  1. 2011/06/25(土) 19:58:17|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いずみ K182

いずみ
 
 
 
 
 
 
森の奥の人知れぬ所
 
泉は命を宿し
 
時を刻み始める
 
ひとすじの小さな流れ
 
太古のひかりを浮かべて
 
幾たびか愛をめぐり
 
我らを導いていく
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十五日()
  1. 2011/06/25(土) 08:18:03|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

K516  K181                      

516
 
 
 
 
 
 
 
心を囚われて泣いた
 
眠れない夜のK516
 
繰り返す哀咽のしらべ
 
愛するがゆえの葛藤
 
苦悩ゆえの悦び
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十五日()
  1. 2011/06/25(土) 06:05:12|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水模様 K180

水模様
 
 
 
 
 
 
時の欠片が落ちる
 
雨の水模様
 
重なりひろがり
 
掬おうとすれば割れる
 
時の欠片が崩れ消える
 
雨の水模様の合間に
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十四日()
  1. 2011/06/24(金) 08:25:17|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

命に有り難う K179

命に有り難う
 
 
 
 
 
 
小さな羽がゆったりと動く

風が連れてくる花の匂い
 
生まれ盛る命に充ちて
 
野も山も街の植込みも
 
緑にくるまれる花の匂い
 
小さな羽をゆったりと閉じて
 
君は囁きかける
 
此の地のこの時間に逢えたこと
 
一度だけの命に有り難うと
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十四日()
  1. 2011/06/24(金) 08:07:52|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

散歩人 K178

散歩人
 
 
 
 
 
 
夕に想いをためて
 
朝に咲く花
 
露をのせて
 
散歩人の渇きを癒す
 
その深い語らいの時
 
森はゆっくりと目覚め
 
静寂を渡る音を聴く
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十四日()
  1. 2011/06/24(金) 00:38:34|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

短い夜は  K177

短い夜は
 
 
 
 
 
短い夜は言の葉を
 
黄色い薔薇に閉じこめて
 
恋を宿した花の彩
 
短い夜に想いを繋ぐ
 
これから夜明けの光が満ちる
 
黄色い薔薇を抱きしめる
 
 
  
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十三日()
 
  1. 2011/06/23(木) 08:46:37|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏至 K176

夏至
 
 
 
 
 
穏やかな昼下がり
 
木陰の白いテーブル
 
ガラスのカップに映り込む
 
ハーブティの香が溶けている
 
薔薇の花の彩そえて
 
途切れない会話
 
母になったり娘になったり
 
聞き耳を立てる小鳥たち
 
夏至の昼下がりの燦めく風に
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十二日()
  1. 2011/06/22(水) 20:26:18|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巣箱の中で K175

巣箱の中で
 
 
 
 
 
 
曇り空を拭う様な声がする
 
孵ったばかりの鳴き声
 
昨日の弱々しい声が
 
今朝は自分を主張している
 
楓の若葉に隠れた小さな巣箱
 
親鳥が獲物を運んでくる
 
円らな黒い目が警戒している
 
やがて雛たちの大合唱が始まる
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十二日()
  1. 2011/06/22(水) 19:57:38|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畏怖  K174

畏怖
 
 
 
 
 
巧妙に隠れていても
 
見過ごされることはない
 
言い繕えたと思ったとしても
 
詐りは隠れられない
 
畏怖を記憶せよ
 
人とは弱い者
 
道を外しやすい者
 
巧妙に隠しても
 
見過ごされることはない
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十一日()
  1. 2011/06/21(火) 21:25:26|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やすらぎの時 K172

             やすらぎの時
 
 
 
 
 
寄り添う花木の温もり
 
お互いの肥やしになる
 
芽を育て葉を広げ
 
切磋琢磨とやすらぎの時
 
至高の地に我らを導く
 
険しい峰を目指して
 
木漏れ日を拾って歩く
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成二十三年六月二十日()
 
  1. 2011/06/20(月) 06:32:51|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0