FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

言葉掃除 K028

      言葉掃除




     溢れいでし言葉

     色抜けてくちる

     掃き集めては火をよせる

     紫のけむり糸引き

     沈丁花の匂いからめる




                    阜可 忠

           平成二十三年三月三十日(水)

スポンサーサイト



  1. 2011/03/30(水) 18:12:23|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月舟   K027

           月舟




         先の細い月

         くもの糸を弾く

         零れ落ちる金の砂

         妖精たちのすんだ口笛

         夢見ごち 波の無き間に

         花の匂い重ねる月舟

         

   



                      阜可 忠

  1. 2011/03/29(火) 23:51:24|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雲母 K026

      雲母





    幼き日は千枚はがし

    時を透かして

    朧気に見えてくるもの

    小さな爪の燦めき

    懐かしきふるさとの友


    白雲母

    金雲母

    空にはりつけてみる

    零れた雲母の波

    懐かしきふるさとの海 


    絹雲母

    糸を引き雲をとらえ

    遙かな時を超えしもの

    母となりて今

    想うはふるさとのあれこれ






                         阜可 忠

                 平成二十三年三月二十七日(日)
 

  1. 2011/03/27(日) 19:36:38|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白木蓮 K025

      白木蓮






     匂い抱きしめ白木蓮の花

     衣を剥いで

     早春に肌を透かす

     そはまぼろし

     年をこえて咲きに来るはな

     骨よりうまれし白木蓮

     月に寒々と青い

     日にほんのりとあかい





                        阜可 忠

              平成二十三年三月二十六日(土)

  1. 2011/03/26(土) 08:58:30|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はなの妖精  K024

      はなの妖精




      クシャミが続く

      ひそんでいるのは誰

      鼻の妖精の洞窟掃除

      はたき代りの小さな羽

      小さなバケツで水を撒く

      クシャミがとまらない

      熱が出てきて目が回る




                    阜可 忠

        平成二十三年三月二十五日(金)

  1. 2011/03/25(金) 01:15:13|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訪問者 K023

       訪問者





      夢を破る訪問者

      ガラスを叩く音がする

      布団をはね除けて飛び起きる

      点灯した明かりに

      時計の針が2時に動いた


      何が不安を呼ぶのか

      何を予感するのか

      夢と現実が交差する

      ガラスの向こうの深い闇

      眼を凝らす自分が立っていた


                            阜可 忠

                  平成二十三年三月二十四日(木)

  1. 2011/03/24(木) 19:11:19|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つかのまに  K022

       つかのまに






      意識の中の花

      幾世紀も経て尚

      彩りをそろえている


      きのう咲いた花

      匂い整えるあいだ

      つかのまに酔いしれる


      少女の胸の花かざり

      ときめきに揺れさかり

      忘れ去られる時を待つ


      幾世紀も経たずして

      色あせる花の記憶

      物言わぬ屍ならべて



                          阜可 忠

                  平成二十三年三月二十二日(火)

  1. 2011/03/22(火) 21:05:10|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小さな舟  K021

        小さな舟




      冷たい風がかけぬける

      花の季節を跨いで

      君はグランドの隅

      疲れた目を見開いている

      笑顔が見える気がする

      甘える声が聞えるようだ

      いまは穏やかな波間

      哀しみをすくい上げる

      小さな舟の航跡の燦めき

      冷たい風がかけぬける


                       阜可 忠

               平成二十三年三月二十日(日)

  1. 2011/03/20(日) 09:09:06|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地海咆吼  K020

  地海咆吼





潮風に磨かれたマスト

津浪に翻弄されて流れ着く

漁港の船だまり見えるところ

小高い山にマストを建てて

数え切れない奪われし命

名を刻んで祈る人あり      

恨むべし地海咆吼





      合掌 


          平成二十三年三月十一日
          午後二時四十六分
          東日本大震災M九



                 阜可 忠

            平成二十三年三月十六日(水)
                   

  1. 2011/03/16(水) 16:00:39|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山神  K019

         山神





        吹き荒れる海は

        山神の恋

        捨てた筈の優心

        山を削り

        山をくぐり

        愛を乗せる風

        塞ぐ事かなわず





                     阜可 忠

  1. 2011/03/11(金) 06:14:33|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海神  K018

        海神





       海神が哀しむ

       こどくのはて

       崩れかかる波の手

       岩礁の灯台を襲う

       踏み行ってはならない

       海の神秘に


       光の届かぬ深い海

       海神は眠りについたばかり



                      阜可 忠

  1. 2011/03/11(金) 06:01:47|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

孤独  K017

           孤独




        予告なく尋ねてくる孤独

        行く道はとざされる

        闇が光を飲み尽くす

        眠れぬ時が崩れていく

        孤独にどんどん堕ちていく

        行く道は途切れる








                       阜可 忠

              平成二十三年三月十一日(金)

  1. 2011/03/11(金) 00:57:14|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かあくん三歳 K016

             かあくん三歳





            かあ君は三つになった

            じっとしているときがない

            言葉は満足にいえない

            だから紙おむつも取れない

            そんなことは何処吹く風

            両親の心配も気にしない

            ひたすら歩き回る

            カメラを向けると

            まだチーズといえない

            ハイハイというばかり






                       阜可 忠

               平成二十三年三月十日(木)

  1. 2011/03/10(木) 23:04:22|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

季節  K015

       季節




     一つの季節を乗り越え

     一つの季節を迎える

     あなたはまどろみ

     融ける雪に寝息もらす


     乱れ咲く華に似て

     重なる雪のはなびら

     輪舞して草の先にとまる


     一つの季節を乗り越え
    
     まどろみから目覚め

     花の風に吐息のせる




                   
                   阜可 忠

            平成二十三年三月九日(水)20:35

  1. 2011/03/09(水) 18:15:18|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京の雪  K014

      東京の雪




          街は雪がすみ

          街はうすずみ

          ざわめきが色を失い

          ゆっくりと景色を変える

          見慣れた色を消す

          東京に降る雪

          街は雪がすみ

          街はうすずみ


                      阜可 忠

             平成二十三年三月七日(月)

  1. 2011/03/07(月) 22:09:58|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

彼方  K013

       彼方




      彼方向こうに

      咲こうとする花

      巣立つときを待って

      羽ばたき裏羽白く

      拒めない誘惑

      空の高さを推し量り

      微かな光に導かれ

      その彼方に触れてみる







              阜可 忠
   

  1. 2011/03/05(土) 20:35:41|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妖精のおなら K012

        妖精のおなら





       妖精の色つきおなら

       恥ずかしげに羽音忍ばせ

       赤い妖精

       碧い妖精

       舐めた虹の色

       春のはなびら染めていく

                        






                       阜可 忠

                平成二十三年三月三日(木)

  1. 2011/03/03(木) 06:49:49|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

ひなあられ  K011

         ひなあられ




        早朝に羽音して

        ひなあられを一つ

        妖精の転がりまくら

        童話を書き終えた妖精

        これからの短い眠り

        ひなあられの妖精まくら

        心地よい目覚めの祈り







                   阜可 忠

           平成二十三年三月三日(木)

  1. 2011/03/03(木) 06:23:46|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

妖精 K010

     妖精





   妖精達が羽を休めてる

   花粉に腰掛けて

   春の香りに夢こぼす

   ゆらゆら揺れる陽炎に

   金の砂

   銀の砂

   小さな手のひら開かせて

   名前を尋ねて零します

   少女の耳にひとかけら

   待ってる少女に髪飾り









                 阜可 忠
   

  1. 2011/03/02(水) 16:20:29|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弥生   K009

        

         弥生




       半むらさきの朝

       弥生を呼ぶ篠笛


       春は仕覆のなか

       密やかに花折り紙

      

       春は花の野点

       湯気にただよう篠笛

       茶筅のゆびしなやかに





                  阜可 忠

           平成二十三年三月一日(火)

  1. 2011/03/01(火) 08:15:35|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0