FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

大切

大切




 
 
私を必要とする人がいたら
 
あなたの必要な人になろう
 
見えないからといって非難したり
 
想いが届かないと悲観することは無い
 
私はおもい以上にそばにいる
 
空気の一粒になってあなたに入る
 
生きるちからの一助となろう

 
私を必要とする人がいたら
 
私にも必要で大切な人たち
 
掛け替えのない私の絵具
 
ここでしか聴けない音叉
 
こころの奥に沁みていく言葉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阜可 忠
 
平成三十年五月八日
 
 
スポンサーサイト



  1. 2018/05/08(火) 08:17:01|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

マラソン

マラソン




 
 
見物人は帰宅して
 
場内の熱気が抜けた頃
 
四月十四日はまだ暗いうちから
 
冷えた空気を吸い込んで走り出す
 
折からの雨が冷静に背中を押す
 
近く遠く目指す所ぼんやりと
 
見えては消える花の苑
 
いざ いざと心して





阜可 忠
 
平成二十八年四月十四日
  1. 2016/04/14(木) 10:15:07|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

霧雨糸

霧雨糸





 
 
霧雨に薔薇の赤芽がすらり
 
あちらのひかりにひかれ
 
こちらの声に惹かれ
 
小さな弧を描いたり
 
豊かにイメージをなぞる
 
霧雨糸を操るのはどなた
 
通り過ぎて行った幼い少女
 
帽子の下の髪をひからせて





阜可 忠
 
平成二十八年四月十三日
  1. 2016/04/13(水) 10:24:04|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大それた心

大それた心




 
 
読まれることのない詩集
 
ページをめくれば湿った音がする
 
本箱の隅で息絶え絶えの呻き
 
窒息して死生の淵をさまよう
 
埃を祓い息を吹きかける
 
生き生きとよみがえる年月
 
君は知る 屍の白さに
 
大それた心の在ることを




阜可 忠
 
平成二十八年四月十二日
  1. 2016/04/12(火) 21:44:56|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

時系列

時系列



 
 
記憶を手繰り寄せれば
 
深い想いばかり寄ってきて
 
断片のみ不規則に並ぶ
 
収拾のつかない時系列
 
見え隠れする絶望の時
 
克服の方法が見つからないまま
 
時系列の先端に僕はぶら下がる



 
 
阜可 忠

平成二十八年四月十一日
  1. 2016/04/11(月) 01:31:08|
  2. 紡ぐ時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ