FC2ブログ

鏡に映して・分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

気配

気配
 
 
 
 
 
 
匂いの主問うて夢見心地
 
青みを帯びたひかり
 
幽かな揺らぎを拾い
 
来る人の気配を知る
 
匂いの主は歩みを止め
 
微かな寝息を確かめている
 
 
  
 過去詩     阜可 忠 
 
           平成二十四年三月八日
スポンサーサイト



  1. 2019/03/22(金) 21:44:06|
  2. 過去詩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の精

雪の精


 
 
 
 
雪の精が舞い降りて
 
吸い込まれた沈黙が
 
澄んだ音色となって湖を渡る
 
見えぬひかりにつつまれ
 
静寂の舞をみせる雪の精
 
純すぎるほどの雪の想い
 
紅色の炎そめて
 
永久に舞う雪の精
 
 
 
 
   過去詩    阜可 忠
 
            平成24年3月7日
 
 
  1. 2019/03/22(金) 21:40:23|
  2. 過去詩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信楽

信楽


 
 
 
 
信楽のひかりに導かれ
 
目覚める命の心地よさ
 
戒めの矢じりは胸の奥で
 
生まれたばかりの時を刻む
 
痛みを忘れてはならぬ
 
一瞬のひかりを育み
 
見つめる人だけを愛おしみ
 
昨夜の絶望の闇に
 
永久の光を注ぎ歩き出す


 
 
 
   過去詩       阜可 忠
 
              平成24年3月6日
 
 
 
  1. 2019/03/22(金) 21:37:37|
  2. 過去詩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蛇の目傘

蛇の目傘
 
 
 
 
 
 
玉砂利を踏む音 
 
蛇の目傘の雪を払って
 
腰をかがめて足袋を拭く
 
首をかしげて笑う
 
魅せられているその所作
 
「ねっつ ゆびこんなに冷たい」
 
いやがる私の襟足に触れて笑う
 
「こんな日に誘った罰です」
 
珈琲を口にふくんで
 
「貴方のように暖かい」
 
参道の杉木立から雪がはらり





 
 
   過去詩     阜可 忠
       
            平成二十四年二月十九日作
  1. 2019/03/20(水) 22:35:16|
  2. 過去詩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

虚数

虚数
 
 
 
 
 
 
 
 
 
空洞に詰めるのはさらなる虚数
 
 
実体のない私が彷徨って
 
こころに括弧をかけて2乗する
 
畏れることはない
 
遠回りもショートカットもない
 
神様の言うとおり
 
計画通り事は運んでいる
 
 
 
 
過去詩       壺中の天
         
            平成二十四年二月二十日綴
  1. 2019/03/19(火) 22:02:15|
  2. 過去詩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ