FC2ブログ

分水嶺に咲く花

いつも、お読みいただき有難うございます。目を閉じて見えるもの。著作権は私(阜可 忠:藍の波及び芦野往人)にあります。掲載内容の変更、および全容の削除などをご了承なく行うことがあります。ご了解をお願いいたします。

移ろう季節

移ろう季節




薔薇の弦が蒼穹をつかむ

しなやかに

ひたむきに伸びていく


ただ若いというだけで

乗り越えていく不思議


遠く過ぎ去ったあの若いころ

めぐり合って 二人の

報われない恋に燃えた日々

この季節 薔薇の弦に

感あまって知る時の流れ




阜可 忠

令和三年四月十四日




スポンサーサイト



  1. 2021/04/14(水) 22:32:32|
  2. | コメント:0

只管に

只管に



さしたる良案も浮かばず

只管にうがいと手洗いをする

外出も不要不急と禁じて

眼に見えない敵に対峙する

ただ徒に感染数を連呼して

誰もかれも他人事のように

右往左往して花は散りゆく

慰めるものは何もなし





阜可 忠  

令和三年四月十一日
  1. 2021/04/11(日) 21:12:18|
  2. | コメント:0

古歌

古歌




眠らずとも春の夜は

想い偲ばせて揺らぐ

消えやらぬ花のいろ

咲いては散り急ぎ

業平の古歌に託す想い

華やかな時を知ればこそ




阜可 忠

令和三年四月十日

  1. 2021/04/10(土) 22:05:15|
  2. | コメント:0

願い

願い


バイクに乗り

新録の峠を走りたい

独り野営を重ねて

師に逢いに行きたい

突然行ったら驚くだろうな

よく来たなと言って

皴くちゃな細い眼を開くかな

他愛もない話でもよい

師の油絵の話をしたり

その後の師を聞いて

その後のぼくを見てもらえればよい

とりとめのない話をして

別れ際にハグをして

僕のバイクは走り出す

これが最後だろうと僕は 

ヘルメットの下で涙してるかもしれない



阜可 忠

令和三年四月九日
  1. 2021/04/09(金) 00:11:42|
  2. | コメント:1

目覚め

目覚め




小石と硬い土塊を突き抜いて

やま芋の新芽が出てきた

辺りを見渡す様に顔をだしている

すぐに十センチほどに伸びて

絡みつくものを探している

微かな日の揺らぎにゆれて

触れれば温かい

愛おしい命の目覚めだ




阜可 忠   

令和三年四月四日
  1. 2021/04/04(日) 21:46:24|
  2. | コメント:0
次のページ